ゴルフボールの転がる先BACK NUMBER

ゴルフ界の「中国経由アメリカ行き」。
隣の青い芝を“踏みに行く”男たち。 

text by

桂川洋一

桂川洋一Yoichi Katsuragawa

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/05/12 10:40

ゴルフ界の「中国経由アメリカ行き」。隣の青い芝を“踏みに行く”男たち。<Number Web> photograph by AFLO

16歳でゴルフを始めるという遅いスタートにもかかわらず、中国で存在感を増しつつある呉阿順。アメリカツアー、そしてリオ五輪を騒がせる存在になるか。

隣の青い芝を実際に踏んでみる。

 巨大資本を背景にしたチャイナパワーの新興は、海を挟んだこちらの焦燥感を煽るばかり。けれど、現場で戦う選手たちは指をくわえているわけではない。

 伊藤は言った。

「僕はまだ何も成し遂げていない。若いから、どんどん出て行かないと上手くなれない。日本じゃなく、アジアからアメリカに行くドリームだってあると思う。自分よりも下の世代にも何か見せないと。ただでさえ、ゴルフ人口が減っている。ゴルフ人口が減れば試合もなくなっちゃう」

 青々とした隣の芝を見て、憂い、嘆くだけか。それとも実際にその芝を踏んでみるか。意識の差は決して小さくない。

国内外のトーナメント速報をいち早くお届け!!
「ゴルフダイジェスト・オンライン」   http://news.golfdigest.co.jp/

関連記事

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 国内外のトーナメント速報をいち早くお届け!!

BACK 1 2 3 4
呉阿順
伊藤誠道
李昊桐

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ