スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

全国男子駅伝でも吹いた青学大旋風。
明暗が分かれた、新旧の“山の神”。  

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2015/01/19 16:30

全国男子駅伝でも吹いた青学大旋風。明暗が分かれた、新旧の“山の神”。 <Number Web> photograph by Kyodo News

レースは埼玉が初優勝を果たし、アンカーでゴールしたのは日体大の元・“山の神”服部翔大(Honda)だった。

青学の選手たち、次はトラックでどんな走りを見せるか。

 今後、春のハーフマラソンや初夏のトラックシーズンを通し、青学大の選手たちの走りをじっくり観察していきたい。

 選手たちはこの一年間に体幹トレーニングに日常的に取り組み、部内での練習のレベルも飛躍的にアップした。特にトラックでどんなタイムをマークしてくるのか、楽しみでならない。

 箱根駅伝に新風を吹き込んだ青山学院大。今年は韓国・光州でユニバーシアードが開かれ、8月には中国・北京で世界選手権も開催予定だ。

 さて、日の丸をつける選手が卒業生も含めて、何人出てくるだろうか。

関連記事

BACK 1 2 3
柏原竜二
久保田和真
青山学院大学
設楽悠太
田村和希
神野大地

陸上の前後の記事

ページトップ