SCORE CARDBACK NUMBER

箱根駅伝生中継を担う、TVマンが繋げる“熱い襷”。
~日テレに受け継がれる3つの教え~ 

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph byShigeki Yamamoto

posted2015/01/25 10:30

箱根駅伝生中継を担う、TVマンが繋げる“熱い襷”。~日テレに受け継がれる3つの教え~<Number Web> photograph by Shigeki Yamamoto

坂田氏が後輩に向けて話した会場は、初の中継を終えた後、打ち上げをした部屋だという。

 僕は箱根の現場から去る時、後輩に遺言を3つ、残してきたんです。

(1)テレビ中継が箱根を変えてはいけない。
(2)チームと選手にエールを送る放送に。
(3)中継“している”ではなく“させて頂いている”という感謝の気持ちを持つ。

 この3つを、後輩が守ってくれているから、良い放送ができるんだと思います」

 こう語るのは、お正月の風物詩・箱根駅伝の“完全生中継”の生みの親、元日本テレビプロデューサーの坂田信久氏だ。走行距離200km超に及ぶ箱根駅伝の生中継を1987年に初めて成功させた。

「最初は役員会で猛反対され、何度も却下されました。山中からの中継という技術面の問題に加え、『関東のローカル駅伝で全国の視聴率が取れるわけがない』『資金面はどうするんだ』など、色んな課題を突き付けられました」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 598文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

二十歳のころ。

Sports Graphic Number 870

二十歳のころ。

 

関連記事

陸上の前後の記事

ページトップ