SCORE CARDBACK NUMBER

優勝の呪縛から解放され、ヒートが手にした“楽しさ”。
~ボッシュとウェイド、心境の変化~ 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/11/02 10:30

優勝の呪縛から解放され、ヒートが手にした“楽しさ”。~ボッシュとウェイド、心境の変化~<Number Web> photograph by Getty Images

ジェイムズが去って“BIG3”も解消。ボッシュ(左)とウェイド2人がチームの中心へ。

 シーズンを戦う中で、一番重要で、優先されるべきことは何だろうか。

 そんな問いかけに対して、選手から「優勝」という優等生的な答えが返ってくると誰もが納得するのだが、実際には、そう単純なことでもない。優勝のためにすべてを犠牲にして戦うことはプロとして称賛される姿勢だが、選手も人間だ。プレッシャーに疲れてしまうこともあれば、優勝の呪縛から解き放たれることで新たなやりがいを見出すこともある。

 今季のマイアミ・ヒートは、まさにその状態だ。4シーズンの間チームの大黒柱だったレブロン・ジェイムズが去り、有力な優勝候補から並のチームに格下げになった。ヒートの選手たちは、誰しも心からジェイムズの残留を願っていたが、実際に彼がいなくなり、優勝候補でなくなったことで見つけたものもあった。新しいチャレンジだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 564文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

これでいいのか? 日本代表。

Sports Graphic Number 864

これでいいのか? 日本代表。

 

関連記事

マイアミ・ヒート
クリス・ボッシュ
ウェイン・ウェイド

バスケットボールの前後の記事

ページトップ