Number on NumberBACK NUMBER

真の球技大国は?
~サッカー&バスケW杯の出場国~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/10/24 10:00

真の球技大国は?~サッカー&バスケW杯の出場国~<Number Web> photograph by Getty Images

バスケットボールW杯でMVPに輝いたカイリー・アービング(クリーブランド・キャバリアーズ)。まだ22歳ながら、今年2月のNBAオールスターでもMVPに選ばれている。

 日本ではほとんど報道されなかったが、バスケットボールのW杯は9月14日、スペインのマドリードで決勝が行なわれ米国がセルビアを下して2大会連続、通算5度目の優勝を果たした。この大会は世界選手権から今回、名称を変更したもので、開催は4年に1度、通算17回目の大会だった。

 バスケットボールではずっと米国が世界一を獲り続けている印象があるかも知れないが、事実はそうではない。米国代表を、大学生ではなくNBA選手で組むようになった1992年以降に限って見ても、'94年大会優勝、'98年大会3位、'02年大会6位、'06年大会3位、'10年大会優勝となっていて、今大会を含めても、6大会で優勝したのは3回だけだ。欧州や中南米の強豪国が、NBA選手ばかりの米国にたびたび勝っているのである。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1419文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

内田篤人と本田圭佑に問う。~日本代表の理想と現実~

バスケットボールの前後の記事

ページトップ