ブラジルW杯通信BACK NUMBER

メッシとロナウドに迫る「唯一」の男。
スアレス、その異常なまでの万能性。 

text by

山中忍

山中忍Shinobu Yamanaka

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/05/23 10:30

メッシとロナウドに迫る「唯一」の男。スアレス、その異常なまでの万能性。<Number Web> photograph by Getty Images

ウルグアイでも、リバプールでも圧倒的なペースでゴールを量産しつづけるスアレス。今季もプレミアでイエローカード6枚と危うさは相変わらずだが、得点の魅力は圧倒的だ。

あらゆるバリエーションで4ゴールを奪った「発表会」。

 そのスアレスを、ロジャーズは「9.5番」と形容する。飽くなき得点意欲とゴール前での決定力の高さは、純粋なセンターFWに引けを取らない。おまけに、フィニッシュのレパートリーが豊富ときている。4ゴールを決めた昨年12月のノリッチ戦(5-1)は、スアレスの発表会のようだった。

 1点目は、約35mの距離から右足でロングシュート。2点目は、ゴール前で跳ねたCKを左足で引っかけるようにしてネットを揺らした。3点目は、相手MFを頭越しのリフティングでかわしてからゴール右下隅に。締め括りは、カーブをかけたゴール左上隅への25mFKだった。

相棒に21得点を取らせるチャンスメイクも超一流。

 それだけの決定力を持ちながら、チャンスメイクにも長けているのだから対戦相手は頭が痛い。前線でコンビを組むダニエル・スタリッジが、リーグ2位の21得点でイングランド代表の1トップに急成長した背景には、スアレスのアシスト能力がある。

 例えば、今年3月のカーディフ戦(6-3)。スアレスは今季3度目、リバプールでは'11年1月末の移籍以来6度目となるハットトリックを達成する一方で、コースもスピードも完璧なクロスで、スタリッジのゴールを演出している。

 翌月のマンチェスター・シティ戦(3-2)、空中戦で相手CBに競り勝ち、相手SBのボディチェックを跳ね返してから放ったラヒム・スターリングへのスルーパスも、万能なスアレスらしいアシストだった。

 改めて振り返れば、プレミアでの最終戦になるかとさえ思われた昨春のチェルシー戦でさえ、スアレスは1ゴール1アシストを決めた。右サイドからの折返しを、ダイレクトでスタリッジの進行方向に届けたアシスト。ポストプレー後に足を止めず、相手CB2名の隙間をすり抜けてクロスに頭で合わせたゴール。いずれも、トップクラスのFWならではの仕事ぶりだった。

【次ページ】 ジェラード「スアレスは世界のトップ3」

BACK 1 2 3 NEXT
ルイス・スアレス
ブレンダン・ロジャーズ
リバプール
スティーブン・ジェラード
エディンソン・カバーニ
ブラジルW杯
ワールドカップ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ