痛快☆ブブゼラ通りBACK NUMBER

ドイツのタコより凄い占い師登場。
南アW杯優勝国はオランダである! 

text by

熊崎敬

熊崎敬Takashi Kumazaki

PROFILE

photograph byTakashi Kumazaki

posted2010/07/11 12:40

ドイツのタコより凄い占い師登場。南アW杯優勝国はオランダである!<Number Web> photograph by Takashi Kumazaki

南アW杯の決勝戦を最強呪術師に占ってもらうことに。

 こうした呪術はアフリカでは「ジュジュ」、「ムーティ」などと呼ばれ、南アフリカでは「サンゴマ」とも呼ばれる。

 サンゴマは当然、南アフリカのサッカーと強く結びついており、優れたサンゴマ(呪術師、祈祷師)を専属に持つことが、強いチームの条件とさえいわれる。

 優れたサンゴマは当然、敵のエースを不調に陥れることができる。またサンゴマに呪われたキーパーは幻覚症状に陥り、飛んできたボールが壺に見えるのだという。怯えて、シュートから逃げてしまうのだ。恐るべし、サンゴマ。

 決勝戦までの束の間のオフを利用して、筆者はタクシー運転手のブルースに連れられて、とあるサンゴマを尋ねた。

 薄闇に包まれた物騒極まりないダウンタウンの一角、ちっぽけな商店の錆びついたドアを開けると、独特の匂いが鼻をついた。ハーブや香辛料を売る店だった。窓につるされた鳥の剥製が、怪しい空気を醸し出している。

 この店の女主人エリザベスが、この界隈で名高いサンゴマだった。

「スペインかオランダ、どちらが世界一になるか占って下さい」

 エリザベスはかつて原因不明の病に長く悩まされ、そのとき心を決めた。自分がサンゴマになって、病を治すしかない。彼女はサンゴマ養成塾(ブルースもそんなものがあるとは知らなかった)に通い、サンゴマの能力を習得した。病は治り、いまでは週に5、6人の客を取っている。家庭や仕事の悩み、病気などの相談が一般的なのだという。

 そのエリザベスに、「スペインかオランダ、どちらが世界一になるか占って下さい」とお願いすると、店の奥に案内された。

 まず、50ランド(600円)のお布施を差し出す。彼女は厳かにキャンドルに火を灯し、何かが入った袋を両手で揉むようにしながら、何事か唱え始めた。ブルースによると、ズールー語で「教えて下さい、教えて下さい、どちらが勝てますでしょうか」などとつぶやいていたそうだ。

 やがて、エリザベスは袋の中身を一気に床にあけた。貝殻や骨が散らばる。その散らばり具合が、勝者を物語っているのだ。

【次ページ】 ドイツのタコ助「パウル君」は餌を食べているだけだ!

BACK 1 2 3 NEXT
南アフリカW杯
ワールドカップ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ