スポーツ百珍BACK NUMBER

高校サッカーの“今”を凝縮した決勝。
鵬翔と京都橘の明暗を分けたもの。  

text by

茂野聡士

茂野聡士Satoshi Shigeno

PROFILE

photograph byYUTAKA/AFLO SPORTS

posted2013/01/21 12:55

高校サッカーの“今”を凝縮した決勝。鵬翔と京都橘の明暗を分けたもの。 <Number Web> photograph by YUTAKA/AFLO SPORTS

後半4分、鵬翔はコーナーキックから1-1の同点に。ヘディングシュートを決めた芳川は試合後、「相手がゾーンディフェンスなのは分かっていた。間に飛び込めばチャンスになると思っていた」と、セットプレーへの自信を語った。

京都橘の仙頭が見せた巧みなポジショニング。

 一方の京都橘も試合開始から積極的な姿勢を打ち出していた。特に目についたのは背番号7の仙頭啓矢のポジショニングだった。

 準決勝までで4得点を挙げてゴールを量産した仙頭だが、相棒の小屋松らを生かすパスセンスも兼ね備えている。前半、手堅い守備ブロックを構築した鵬翔に対し、仙頭は中盤の位置、時には最終ライン近くまで降りてきてリズムを作り出そうと尽力していた。その流れからボールを保持した京都橘は前半41分、CKからのこぼれ球に反応した1年生DF林大樹が地を這う弾道のミドルシュートを放ち、先制に成功している。

 しかし後半、1-1のタイスコアになって以降、仙頭はよりゴールに近い位置でのプレーを仕掛けてきた。小屋松との距離感が近づいたことによって、2人のコンビネーションが発動する場面が一気に増加する。後半19分、細かなパス交換からペナルティエリア深くに進入した小屋松からの折り返しを、タイミングよく走り込んだ仙頭が合わせて再び勝ち越した。

勝ち越されても自分たちの戦い方を見失わなかった鵬翔。

 鵬翔の中濱、京都橘の仙頭が見せたアグレッシブな姿勢は、両チームの選手たちに波及した。

 後半27分には鵬翔のMF東聖二が巧みなコントロールから相手DFをかわして際どいシュートを放つなど、両校ともに広いスペースへ積極的に仕掛けるオープンな展開に、24937人が集まった国立競技場は沸いた。

 その中でも最後まで、今大会の勝ち上がりをなぞるような戦いを見せたのは鵬翔だった。DF登録ながらアンカーを務めた主将、矢野大樹は頬を紅潮させながらも冷静に振り返った。

「(後半19分に)失点をしてしまったけど、勝ち越されたとはいえまだ時間はありました。だからこそ、ちゃんと修正しようと声をかけることができたんです」

 その言葉通り、鵬翔は、相手のストロングポイントであるスピーディーなカウンターをケアしながらも、後半残り10分を切ったところでチャンスを得た。

【次ページ】 近年の高校サッカーの傾向が凝縮された110分間。

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

松崎博美
中濱健太
小屋松知哉
日高献盛
小原裕哉
芳川隼登
仙頭啓矢
林大樹
東聖二
矢野大樹
京都橘高校
鵬翔高校

高校サッカーの前後のコラム

ページトップ