スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

大谷翔平はメジャーか日本ハムか?
日米の選手育成法の違いを検証する。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS/AFLO

posted2012/10/29 10:30

大谷翔平はメジャーか日本ハムか?日米の選手育成法の違いを検証する。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS/AFLO

「すごく評価して頂いたのは、すごく有難いなと思っています。ですがこの間、決断した通り、自分のアメリカでやりたいという気持ちは変わらないです」とドラフト後にコメントした大谷。

日本では球団ごとに育成方針が異なるが……。

 しかし、アメリカの方が投球回数の制限など、投手という「財産」の育て方についてしっかりとした方針がある。マット・ムーアの入団以来の投球回数の変遷はこうなっている(小数点以下切り捨て)。

20→54→123→145→164→177

 3年目以降の本格育成期に入ってからは、いずれも前年比10%から20%の上昇にとどめているのだ。これはしっかりとした計画があるから可能なことだ。日本の球界では入団した球団によって、差異が出るのは否めない。

 さて、大谷の運命やいかに。

 日本とアメリカ、どちらを決断するにしても人生は大きく変わってくる。

関連記事

BACK 1 2 3
大谷翔平
マット・ムーア
花巻東高校

プロ野球の前後の記事

ページトップ