詳説日本野球研究BACK NUMBER

西武の大苦戦は当然なのか!?
リリーフ陣の分析で見えてきた病根。 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byToshiya Kondo

posted2012/04/20 10:30

西武の大苦戦は当然なのか!?リリーフ陣の分析で見えてきた病根。<Number Web> photograph by Toshiya Kondo

昨年の6月、クローザーに配置転換された西武・牧田和久は、22セーブを挙げる活躍で新人王にも輝いた。今年は先発に戻ったが、果たして安定した成績を残せるか。

ゴンザレスに代わる抑え候補は牧田しかいないが……。

 リリーフに価値を見出さなくても、西武が今シーズン上位争いをするためにはゴンザレスに代わる新たな抑え候補を探さなくてはならない。

 昨年は新人の牧田にその大役を割り振ったが、今年も牧田に代わる人材が見当たらないので、私なら牧田に「助けてくれ」と言って、頭を下げる。

 岡田彰布・オリックス監督はローテーション投手の岸田護、平野佳寿の2人をリリーフに回し、チームの改革を行った。日本ハムはドラフトでリリーフ投手の特性を見越して宮西尚生('07年)、榊原諒('08年)、増井浩俊('09年)を指名した。強いチームはソフトバンク以外でもリリーフ陣の強化に力を注ぎ、結果を出している。

 西武と渡辺監督は、リリーフ投手の重要性を認識するべきだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4
埼玉西武ライオンズ
牧田和久
福岡ソフトバンクホークス
大石達也
渡辺久信
ゴンザレス
森福允彦
ファルケンボーグ

プロ野球の前後の記事

ページトップ