自転車ツーキニストのTOKYOルート24BACK NUMBER

北区赤羽で昭和の哀愁に萌える。
団地から、日本の未来が見えてきた。 

text by

疋田智

疋田智Satoshi Hikita

PROFILE

photograph bySatoshi Hikita

posted2011/10/28 06:00

北区赤羽で昭和の哀愁に萌える。団地から、日本の未来が見えてきた。<Number Web> photograph by Satoshi Hikita

故郷である宮崎県日南市の懐かしい団地にて。25年ぶりにわざわざ訪ねたおり、記念に撮影したワンカット

高島平団地とまったく同じ問題を抱える現代日本。

 夕暮れになって、ちょっと寒くなってきた。

 ま、10月だからね。でも後で天気予報を聞けば「11月半ばの気温」だったそうだ。

 三田線終点の一つ前、新高島平駅に行ってみる。案内看板を見てみると、おー、すごいね「た」の欄。

どこに行っても子供が溢れていた高島平全盛の時代を感じさせる学校の多さ

 上から、高島高等学校、高島第一小学校、高島第五小学校、高島第三小学校、高島第三中学校、高島第二中学校、高島平くるみ保育園……。

 この地域にはこんなにたくさんの学校があるのだ。かつては、ここでたくさんの子供たち、青少年少女たちが育ち、そして、他の地域へと羽ばたいていったのだ。

 そして、その子供たちがこの場に帰ってくることはなかった。

 結果、ここも高齢化の一途をたどり、今では「都内平均を大きく上回る人口の高齢化、建物の老朽化に見舞われている」という(“高島平再生プロジェクト”より)。

 人口の急減、そして、空室、空き店舗の増加、高齢化に歯止めがかからない。

 一体どうすればいいというのだろう。地元のコミュニティの緊密化? 産業の誘致、創出? 少子化の抑制?

……だが、そのいずれもが難しいのは、高島平が抱える問題のいずれもが、現在日本(特に地方)が抱える問題と同じだからだ。

 軽々に対策が打てるようなものなら、もうとっくにやってるよ。

 やがて、あと10年も経つと、ここは桐ヶ丘のようになる。それはもう抗いがたい事実だ。推測ではなく、未来の現実。

 高島平のおかれた状況は、高度成長、経済大国化、バブル、バブル崩壊、長期不況と、'70年代以降の日本経済のプロセスを、そのまま象徴している。

 日本はこれからどんな国になっていくのだろう。

 このまま長期にわたって衰えていくのかもしれない。そうならないようにしなくては、とはもちろん思うが、人口動態が変わらない限り、どうにも手が打ちにくい。

 団地を考えることは、日本を考えることだ。

 三田線の始点、西高島平駅でBD-1を畳みながら、私はそう考えていた。

■自転車ツーキニストのTOKYOルート24・バックナンバー ► 台風一過の“多摩サイ”を下る。河川敷の自転車道は戦争状態!?
► 究極の駐輪場を探し求めて……。都心の各種駐輪場を総チェック!

コメントする・見る
BACK 1 2 3 4 5 6

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

他競技の前後のコラム

ページトップ