スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

かつての“色気”は一体どこへ?
ラグビーW杯に見た、ジャパンの停滞。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byREUTERS/AFLO

posted2011/10/03 10:30

かつての“色気”は一体どこへ?ラグビーW杯に見た、ジャパンの停滞。<Number Web> photograph by REUTERS/AFLO

W杯で敗退直後の総括会見にてカーワンHCは「世界に日本のラグビーの成長を見せることはできた」と発言。「このラグビーを続けていけば2019年のW杯日本大会でベスト8に行ける」と語った。それに対し、日本ラグビー協会の矢部達三専務理事が、本大会の結果に対して国民に謝罪。「日本のラグビーはこれから。早急に立て直しを図りたい」とした

対外的なアピールよりも規律を重んじたカーワン政権。

 現在のジャパンには、スポーツ専門ではないメディアが注目するようなキャラクターがいない。

 今回、プレーで色気を感じさせたのはフランカーのマイケル・リーチ(彼は8年後の日本開催を見据えて、主将にしてもいいのではないか?)と、ウィングの小野澤宏時、カナダ戦の終盤に途中出場して激しいプレーを連発した大野均くらいだった。

 この4年間にも魅力のある選手はいた。しかし、いつの間にか消えていった。これはジョン・カーワン・ヘッドコーチの好みが表れている。約束事をきちんとこなせる選手を彼は好んだのだ。

 色気より、規律を彼は好んだ。

 それはヘッドコーチのパーソナリティそのものだったように思える。

魅力あるチームでの勝利なくして訴求力は持ち得ない。

 9月28日、ジョン・カーワン・ヘッドコーチはオークランド空港近くのホテルで会見を行ったが、こんな言葉を記者団に語っている。

「前回、ジャパンはカナダから引き分けをもぎ取った。今回、われわれは引き分けだったことに失望している。それこそがわれわれの歩みなのだ」

 最後の言葉は“That's how far we've come.”である。

 これはいろいろな訳し方があると思うが、ここでは柔らかめに「歩み」としたが、意地悪く訳すなら「進歩」としてもいい。同じ引き分けでも、感じ方が違っているのだから、それは進歩なのだ、と意訳できないこともないのだ。

 喜びが失意に変わったのが進歩だというなら、それはなんとさびしいことであろうか。

 あなたが翻訳者だったら、なんと訳すだろうか?

 2019年の日本開催に向けて、2015年のイングランド大会では是が非でも1勝を上げなければならない。

 まさに、“Must Win”シチュエーションだ。

 さらにはピッチのなかだけではなく、社会的に情報発信力を持つ必要があるだろう。いろいろな人間を巻き込んでいける「戦略家」が必要なのだ。

 いま、ジャパンに必要なのは「色気」である。

 艶のある監督、個性的なプレーで仲間と観客を鼓舞する選手の登場を切に願う。

関連記事

BACK 1 2
ジョン・カーワン
小野澤宏時
大野均
リーチ マイケル
ラグビーワールドカップ

ラグビーの前後の記事

ページトップ