オリンピックへの道BACK NUMBER

柔道世界選手権で世代交代なるか?
“崖っぷち”鈴木桂治が燃やす執念。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAFLO

posted2011/08/17 10:30

柔道世界選手権で世代交代なるか?“崖っぷち”鈴木桂治が燃やす執念。<Number Web> photograph by AFLO

全日本選手権決勝で穴井隆将(右)を破り、世界選手権男子100kg超級代表で最多5度目の出場を決めた鈴木桂治。最年長の31歳、3度目の五輪出場を目指す

北京五輪以降、鈴木は世代交代の波にさらされてきた。

 その一人、100kg超級で出場する鈴木は、アテネ五輪で金メダルを獲得するなど、第一人者として活躍してきた。

 だが、連覇を目指した北京五輪の初戦で敗北を喫してから、苦しい日々を過ごしてきた。故障にも苦しめられ、国内の大会で敗れることもあった。

 復活を期した昨年の世界選手権でも、好成績に沸く日本勢にあって100kg超級の初戦で敗れ、「夢であってほしい」とつぶやく姿があった。その同じ階級では成長著しい高橋和彦が4位に。

 鈴木は無差別級にも出場したが、上川大樹に準決勝で一本を取られ、周辺からは、「世代交代か」という言葉も聞かれた。

「崖っぷち」から這い上がり、4年ぶりに全日本を制覇。

 年が明け、鈴木は自身の状況を、「崖っぷち」と表すようになっていた。連日のように必死に練習で汗を流し続けた。

 そこまでしても……状況は好転しなかった。

 今年4月上旬の全日本選抜体重別選手権の決勝で、上川に再び一本負けを喫したのである。世界選手権代表も遠ざかり、もはや追い込まれるところまで追い込まれていた。

 4月29日、鈴木は全日本選手権を迎えていた。

 鈴木はこの大会で、近年にはなかった辛抱強い戦いぶりを見せてつけて、一戦ずつ勝ちあがっていった。100kg級のエース、穴井隆将との対決となった決勝でも、相手の技をこらえきると、返して一本。

 全日本選手権では実に4年ぶりの優勝だった。それは、世界選手権代表入りを決める勝利でもあった。

 大会後、鈴木は言った。

「あきらめきれなかった」

 そのひとことに、すべてが表れているのかもしれない。

【次ページ】 鈴木が出場する100kg超級にはライバルの上川も出場。

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

鈴木桂治
上川大樹
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

格闘技の前後のコラム

ページトップ