オリンピックへの道BACK NUMBER

柔道世界選手権で世代交代なるか?
“崖っぷち”鈴木桂治が燃やす執念。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAFLO

posted2011/08/17 10:30

柔道世界選手権で世代交代なるか?“崖っぷち”鈴木桂治が燃やす執念。<Number Web> photograph by AFLO

全日本選手権決勝で穴井隆将(右)を破り、世界選手権男子100kg超級代表で最多5度目の出場を決めた鈴木桂治。最年長の31歳、3度目の五輪出場を目指す

鈴木が出場する100kg超級にはライバルの上川も出場。

 大きな悔いを残した北京五輪での敗戦。再起を期したが、結果が出ない日々が続いた。

 それでもなお現役を退くことなく、続けてきた。これ以上後がない土壇場で踏みとどまることができた。

 鈴木を支えたのは、いい意味での「あきらめの悪さ」とでもいうべき執念ではなかったか。

 むろん、戦いはこれからだ。

 100kg超級には、鈴木とともに上川も出場する。両者の成績いかんで、鈴木のロンドンへの道も再び険しいものとなる。

 それは鈴木も自覚している。だから今も言う。

「崖っぷちですから、結果を残さないと」

 鈴木の、いや、鈴木にかぎらない。ロンドンを目指す選手たちの執念渦巻くパリ大会が、もうすぐ始まる。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

鈴木桂治
上川大樹
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

格闘技の前後のコラム

ページトップ