有料記事一覧ページ新設のお知らせ

スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

バンクーバー五輪で感動はしたが、大会運営を過去と比較すると……。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki/JMPA

posted2010/03/06 00:00

バンクーバー五輪で感動はしたが、大会運営を過去と比較すると……。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki/JMPA

バンクーバー五輪で感動はしたが、大会運営を過去と比較すると……。

 本当にこれで大丈夫なの? セキュリティ事情。

 オリンピック観戦で覚悟しなければならないのは、並ぶこと。とにかく、待つ。セキュリティ、チケットのチェック、会場内でのコーヒーを買うにもひと苦労。

 特に2001年の同時多発テロ以来、厳しくなったのがセキュリティチェック。今回、気になったのは会場によってセキュリティのレベルが違ったこと。

 いちばん厳しかったのはフィギュア会場で、ベルトは外されるし(私は空港でもベルトを外されるのが大嫌いだ!)、ペンケースの中身をチェックされた。パイロット社製の直液式のペンが気になったらしい(どうでもいいが、このペンは素晴らしい!)。

 おかしなのは、他の会場ではこんなチェックをしなかったことだ。要は基準が一定ではない。北京はメディアに対してさえ厳格極まりなかったが、それはそれでいい。基準がブレないので、こちらも対処のしようがあるからだ。

 バンクーバーはその点、会場ごとの運営に任されている面が強く、考えようによってはスキがあるようにも思えた。

バンクーバーはダフ屋天国!?

 ナンバー本誌の方にも書いたが、バンクーバーはとにかくダフ屋天国だった。繁華街にはアイスホッケーのチケットを扱うダフ屋がかなり出没していたが、取り締まる様子を一度たりとも見たことはなかった。

 これはこれで、イイと思う。需要と供給があり、そこに市場が成立しているからだ。

 むしろ、北京オリンピックではダフ屋がひとりもおらず、気味が悪かった。管理や統制がダークな部分を覆い隠してしまうというのは、ある意味で不健康だ。

 その点、バンクーバーはおおらかであった。こうした自由な空気があってこそのオリンピック。北京の息苦しさから比べると、やはり自由主義陣営でのオリンピックはいいものだと感じた。

【次ページ】 堅いお国柄のカナダ。ボランティアに怒られた!

BACK 1 2 3 NEXT
オリンピック・パラリンピック
バンクーバー五輪

他競技の前後のコラム

ページトップ