北京をつかめBACK NUMBER

女子体操界に出現した新星たち。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

posted2007/06/20 00:00

 2位に入った山岸は、鶴見と対照的な持ち味の選手だ。A得点においては、鶴見にやや劣る。しかし、ミスをあまりしない完成度の高さと、周囲も認める勝負度胸は、五輪枠がかかる舞台では、大きな武器になるはずだ。

 なによりも、体操への執念がすさまじい。こんなエピソードがある。以前、両手甲を骨折し入院をよぎなくされたが、腕に鉄アレイを縛ってトレーニングをしたという。

 五輪出場権は、世界選手権で12位までに与えられる。昨年の世界選手権団体総合で日本女子12位。ただし、13位だった北朝鮮、14位のカナダ、15位のオランダあたりまで実力は横一線。現に、ドーハ・アジア大会では中国、北朝鮮に次ぐ3位に終わっている。

 それだけに、新たな戦力への期待は高くならざるをえない。

 大会後、「バスにも子ども料金で乗れます」と138cmの鶴見が言えば、139cmの山岸は、「学校の整列ではいつも一番前です」。

 大会で、こんな言葉で笑わせた、とても小柄な二人にとって初めての世界選手権。

「北京五輪の枠を取らないといけないと思っています」(鶴見)

「大きな大会ほど緊張しないですから」(山岸)

 自分たちのやるべきことを自覚する中学生たちは、日本の救世主となれるか。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

小沢茂々子
山岸舞
鶴見虹子
北京五輪
オリンピック・パラリンピック

体操の前後のコラム

ページトップ