NumberEYESBACK NUMBER

日本男子体操、新旧交代劇の内実。 

text by

浅沢英

浅沢英Ei Asazawa

PROFILE

posted2007/06/28 00:00

 北京五輪の前哨戦となる9月のシュツットガルト世界選手権。その代表決定最終選考会を兼ねたNHK杯が6月9、10日、千葉ポートアリーナで行なわれた。

 前回五輪で28年ぶりの団体優勝を成し遂げ、五輪連覇が期待される男子体操は、近年稀に見る接戦の代表争いとなった。

 唯一の別格は、すでに代表内定が発表されている冨田洋之。'05年、'06年と2年連続世界選手権の個人総合でメダルを獲得した実績を評価したという内定理由に、異論を差し挟む者はいないだろう。日本体操協会は、積極的に国際試合を重ねてきた冨田のコンディションに配慮して、1月に早々と代表内定を発表した。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

北京五輪
オリンピック・パラリンピック

体操の前後のコラム

ページトップ