プロ野球亭日乗BACK NUMBER

赤星憲広と高橋由伸。
“ギリギリ”を避けるプロの勇気。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2009/12/18 10:30

赤星憲広と高橋由伸。“ギリギリ”を避けるプロの勇気。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

'03年、18年ぶりのリーグ優勝に不動のレギュラーとして貢献。61盗塁で3年連続となる盗塁王を獲得し、初の打率3割も記録した。しかし、ダイエー(当時)との日本シリーズ第1戦でダイビングキャッチをした際に右手を負傷、シリーズは不振に陥った

観客を沸かせるファインプレーの代償が選手生命とは……。

 野球の醍醐味の一つは、球際のプレーである。テレビで見る好プレー集の華麗なダイビングキャッチの連続には、胸のすく爽快感がある。

「目の前に打球が飛んできて、捕れると思った瞬間には飛びついてしまう。その瞬間の頭は真っ白。ケガのことなんか考えられない」

 高橋は飛ぶ瞬間の心の内をこう話していた。

 赤星もまた、その瞬間には自分の傷みきった体のことなど吹き飛び、目の前のボールを捕る、という本能だけだったはずだ。

 ただ、本能に赴くプレーは、あまりに大きな代償を支払うことになってしまった。

不必要なケガを避けるためには、“飛ばない勇気”も必要だ。

 選手のグラウンドでの務めは、勝利のためにできうる限りの最高のパフォーマンスを繰り広げることにある。ただ、プロ野球の世界は、シーズン144試合、毎日のように試合があり、日々違ったファンが観戦にやって来る。そのファンのためにも、元気にグラウンドに立つこと、それこそが選手たちの最初の務めであるはずだ。

 ケガをしないプレーをする知恵、飛びそうになったときに飛ばない勇気――赤星の悲劇を聞いたとき、選手にはその知恵と勇気もまた必要だと、改めて痛切に思った。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

原辰徳
赤星憲広
高橋由伸
阪神タイガース
読売ジャイアンツ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ