SCORE CARDBACK NUMBER

異例のコーチ就任…中村俊輔(44歳)が引退後、すぐ指導者に転身する“覚悟”「自分のプレー感覚が残っているからこそ、グラウンドに立っていたい」

posted2023/01/10 06:00

 
異例のコーチ就任…中村俊輔(44歳)が引退後、すぐ指導者に転身する“覚悟”「自分のプレー感覚が残っているからこそ、グラウンドに立っていたい」<Number Web> photograph by JIJI PRESS

現役ラストマッチを終えチームメイトに労われる中村。来季はコーチとして彼らとともに2季ぶりのJ1を戦う

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph by

JIJI PRESS

 現役を引退してすぐさまトップチームのコーチに就任する事例などあまり聞いたことがない。日本サッカー界を代表する選手であればなおさらだ。解説者になっても引っ張りだこだろうし、育成年代から指導者生活を始めたっていい。JFAやクラブで役職に就きながら外からサッカーの世界を勉強することだってきっと可能であった。

 中村俊輔は「現場」にこだわった。来季J1に昇格する横浜FCにそのまま残って、選手からコーチに立場を変える選択をしたのだ。先日、「文藝春秋100周年オンライン・フェス」に出演(筆者が相手役を務めさせていただいた)し、このように言及している。

「横浜FCには恩があるし、まだ出来上がっていないチームというか、そこに自分も身を置いて一緒に成長したい。自分のプレー感覚が残っているからこそ(現場の)グラウンドに立っていたい」

 つい最近までともにプレーしていたのだから、選手の気持ちも十二分に理解できる。監督と選手の間に立って、双方向でフォローしていく役割を担うことになる。

指導者としての根幹は「人と人との信頼関係」

 現在はB級コーチライセンスまで取得済み。Jリーグで指揮できるS級取得には最短でも3年掛かる見込みだ。将来的に「監督」を目指すかどうかまでは決めていない。育成にも関心があり、実際に指導者になってみてから方向性を定めていきたいという。ただ、指導者として絶対に大切にしたいと考えているのが「人と人との信頼関係」である。

 中村は言う。

「これがないと、いくらボード上でやりたいサッカーだと言ってもうわべだけの勝利、うわべだけの戦術になってしまったことが自分の経験上もある。それだと見ている人も面白くないだろうし、感動も起きないし、選手だって躍動しないと思うんです。

 情熱のある監督さんのもとでやったときに凄い勝ち方とか、たとえ負けてもやり尽くしたとか、サッカー選手冥利に尽きたなという瞬間が多々あった。やっぱり信頼関係とリスペクト、そこなのかなって」

 うわべだけではない関係性をつくるためにも腰を落ち着けて、選手一人ひとりにじっくりと目を配っていくつもりでいる。ひと息つく間もなく、次のチャレンジに向かう。

<完全保存版>カタールW杯総集編WORLD CUP Qatar 2022 The FINAL

「Amazon」で購入

Sports Graphic Number 1065

<完全保存版>カタールW杯総集編
WORLD CUP Qatar 2022 The FINAL

【伝説に残る決勝】
アルゼンチンvs.フランス

【エースの足跡】
メッシ/エムバペ

【クローズアップ】
ケイン/ロナウド/ネイマール

【グループステージ総括】
“死の組”の主役は日本だった

【別冊付録】
箱根駅伝プレビュー

特別定価:本体730円(税込)目次ページへ

関連記事

中村俊輔
横浜FC

Jリーグの前後の記事

ページトップ