Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[届かなかった頂点]スーパーマラドーナ 武智「真夜中の青春が過ぎ去って」

posted2022/12/02 07:00

 
[届かなかった頂点]スーパーマラドーナ 武智「真夜中の青春が過ぎ去って」<Number Web> photograph by Naohiro Kurashina

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph by

Naohiro Kurashina

きっと、誰よりもM-1のことを思っていた――。それでも目指す先は高く、遠く、辿り着けなかった。今も幻影を追い続ける男が、執着ともいえる感情の芽生え、悩み苦しんだ日々、夢潰えたその後について語った。

 もう、漫才をやめようと思っていた。

 妻子もいるのに、稼げない。それでもスーパーマラドーナの武智は、M-1に取り憑かれていた。

 愛媛県松山市出身。肉体労働をしながら生計を立てていたが、友だちに誘われるままに1999年、大阪のNSCに入校。22期生で南海キャンディーズの山里亮太らが同期に当たるが、武智にはさしたる野心もなく、漫然と時間を過ごしていた。ところが――。2001年に始まったM-1が武智の人生を変えた。中川家、麒麟の漫才はあまりにも衝撃的で圧倒された。

 なんやこれ。俺もあの決勝のステージ立ってみたいな……。

 その思いを叶えるべく'03年に初出場すると、8年連続で挑戦したが準決勝止まり。そしてあろうことか'10年を最後にM-1は休止となってしまう。その後、他の賞レースでは優勝するなど実績を残したが仕事にはつながらず、40歳を前にして、妻子を養う責任もジワリと両肩に背負っていた。

 どこかでやめる潮時を探っていたかもしれない。でもやめるきっかけが見つけられない。そんなとき、'15年にM-1が復活する。これしかない。今度こそ決勝に進めなかったら漫才をやめよう。

「M-1があるんや。この1年だけ、耐えてくれへんか」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3583文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

スーパーマラドーナ
武智
田中一彦

他競技の前後の記事

ページトップ