Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[初代王者の回想]中川家「無理にでも出場してよかった」

posted2022/12/01 07:05

 
[初代王者の回想]中川家「無理にでも出場してよかった」<Number Web> photograph by Shunsuke Mizukami

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph by

Shunsuke Mizukami

数多の名勝負を生み出すことになるM-1グランプリ。第1回大会は出場者すら全容が掴めない状況だった。そんな中、実力派兄弟コンビが味わうことになる未体験の重圧とは。すべてはここから始まった――。

 明らかにふざけていた。

 兄弟漫才師・中川家の小さい方、兄の剛は茶目っ気たっぷりに話す。

「こんときは、ポケットに手を突っ込んで、ダラダラ漫才してましたからね」

 2001年9月29日、場所はなんばグランド花月(NGK)内にあるテレビ番組収録用のスタジオだった。そこでは、9月9日に開幕した記念すべき第1回M-1グランプリの1回戦が行われていた。

 '01年9月と言えば、世界的な大事件が起きた月でもあった。11日、ニューヨーク世界貿易センタービルにジェット機が相次いで突っ込み、110階建てのツインタワーが崩れ落ちた。アメリカ同時多発テロである。世界が震えた。

 そんな動揺する世界の片隅で、M-1は、ひっそりと産声を上げていた。

 1000を超える組の応募があったM-1の1回戦は約2カ月に渡り、全国9都市11会場で、17回に分けて開催される予定だった。

 1回戦のネタ時間は今は2分だが、当時はまだ3分だった。3分15秒を過ぎると警告を意味する電子音がなり、3分30秒に達すると大きな効果音とともにステージは赤い照明に染まる。強制終了である。

 中川家はその日、この強制終了を食らった。ルールは参加者に周知徹底されていたにもかかわらず、弟の礼二は警告音が鳴ると舞台上でこう放言した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 4979文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

中川家
中川剛
中川礼二
吉本興業
谷良一
島田紳助
松本人志
ラサール石井
ブラックマヨネーズ
吉田敬
2丁拳銃
川谷修士

他競技の前後の記事

ページトップ