Sports Graphic Number MoreBACK NUMBER

日本のスクラムの強さとは一体なにか? 堀江翔太、稲垣啓太らを突き動かした「慎さん」の情熱と探究心

posted2020/11/02 11:01

 
日本のスクラムの強さとは一体なにか? 堀江翔太、稲垣啓太らを突き動かした「慎さん」の情熱と探究心<Number Web> photograph by AFLO

長らく日本の弱点と言われてきたスクラム。長谷川慎コーチはフランスやヤマハで培った技術を日本代表へ還元した

text by

倉世古洋平(スポーツニッポン新聞社)

倉世古洋平(スポーツニッポン新聞社)Yohei Kuraseko

PROFILE

photograph by

AFLO

熱狂のラグビーW杯から1年余り、日本代表のベスト8進出に大きく貢献したのは「スクラムの安定感」でした。その裏にはFW陣をサポートした長谷川慎コーチの存在がありました。南アフリカ戦直後に発刊されたSports Graphic Number臨時増刊号(2019年10月24日発売)に掲載した『世界を驚かせた慎さんのスクラム』を再公開します。

 あれは勝利の雄叫びだったのか。

 前半36分の出来事だから、勝敗が決まったわけではない。だが、あの場面での「スクラム」の勝利は、試合の大局を占う点で大きな意味を持っていた。

 9月28日、アイルランド戦。田村優の2本目のPGが決まって6-12と迫った直後のことだ。キックオフからのリターンで日本はミスが出てボールを相手に渡してしまった。日本陣22m付近の相手ボールスクラム。「A組最強」の呼び声高かったアイルランドには絶好のチャンスだ。組む直前、左プロップのキアン・ヒーリーがフッカーのローリー・ベストの背中をポンと叩いた。言外に「いくぞ」の意思が伝わる。

 ヒーリーはプロフィール欄の「プロDJとしても活動」が目を引く代表91キャップ。ベストは主将にして120キャップのレジェンド(数字は試合当時) 。W杯開幕を世界ランク1位で迎える原動力になった歴戦の猛者が「クラウチ、バインド、セット」のコールの後、グイッと前に出た。

 しかしジャパン8人の隊列は乱れない。第1列が耐え、盛り返す。右プロップの具智元が、トイメンの「DJ」ヒーリーの体をめくり上げる。前進が始まり、緑の塊が散り散りになった。FWの先発平均体重109.8kgの日本が、110.2kgの世界有数のスクラム大国を崩壊させた。

逆転勝利の伏線になったスクラム

 主審の笛が鳴った瞬間、具が目を見開き、吠えながら力強く右手を振り下ろした。

 左プロップ稲垣啓太、フッカー堀江翔太はレフェリーの、手の向きで自分たちが反則を奪ったことを横目で確認すると、鬼気迫る表情を和らげた。バックスがFWの元に集まる。松島幸太朗が具の頭をなでて労い、ちょっとした歓喜の輪ができた。

 相手の土俵と思われたこのセットプレーで五分五分、それ以上の力があることを証明した。そして強敵の攻め手を1つ消したことが逆転勝利の伏線になった。

【次ページ】完成したのはW杯1カ月前

1 2 3 4 5 NEXT
長谷川慎
稲垣啓太
堀江翔太
具智元
中島イシレリ
ヴァル アサエリ愛
ラグビーワールドカップ

ラグビーの前後の記事

ページトップ