オリンピックへの道BACK NUMBER

羽生結弦、宇野昌磨、紀平梨花……。
世界フィギュア中止、虚無感と安堵。

posted2020/03/13 17:00

 
羽生結弦、宇野昌磨、紀平梨花……。世界フィギュア中止、虚無感と安堵。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

世界フィギュアの開催中止を受けて、羽生結弦は残念な思いの一方、安堵する一面もあることを語った。

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

 3月16日に開幕する予定だったフィギュアスケートの世界選手権が中止となった。

 発表されたのは3月11日。開催地モントリオールのあるカナダ・ケベック州政府が決定し、国際スケート連盟、カナダスケート連盟に伝達。両者はその決定を受け入れ、双方から関係者に伝達された。

 前日まで、国際スケート連盟、カナダスケート連盟は開催する姿勢を貫いていた。

 3月10日、大会にかかわる関係者向けに必要な手続き(必要に応じて熱を測定し表に記入して提出すること、各々が大会期間中に心がけるべきことなど)を持参すべき書類のフォーマットとともに通知した。

 そのため、開催の是非をめぐり議論がなされてはいたものの、予定通り開催される可能性が高いと捉えられていた。

 一転、一夜にして覆ったことになる。

中止は妥当だが、選手の心中を思うと……。

 ひとつには、世界選手権中止が決定される前に出された、WHOによる「(現状は)パンデミックに相当する」という見解が影響していることは想像に難くない。

 どれだけ開催したいと考えていても、実質、世界各地での状況を見れば通常の実施は難しかったし、中止の決定は妥当であるだろう。

 ただ、選手の心中を思えば、別の思いも湧いてくる。

 長年、小さな頃から慣れ親しんだ練習場所、コーチのもとを離れ、環境を一新した宇野昌磨。

 苦しみながら今後を模索し、進路を見定めることができた彼にとって、世界選手権は楽しみな場だっただろう。

【次ページ】「挑戦すらできず、ひたすら虚無感でいっぱい」

1 2 3 NEXT
羽生結弦
宇野昌磨
紀平梨花
樋口新葉
北京冬季五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ