フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

クリス・リードを元コーチが悼む。
「彼は日本代表を誇りにしていた」

posted2020/03/18 15:30

 
クリス・リードを元コーチが悼む。「彼は日本代表を誇りにしていた」<Number Web> photograph by Jamie Squire/Getty Images

2018年、村元哉中(左)とのペアで平昌五輪に出場したクリス・リード。引退し、指導者としての道を歩みはじめたばかりだった。

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph by

Jamie Squire/Getty Images

 我が目を疑う知らせだった。

 日本時間3月15日の午前0時20分、米国デトロイトでクリス・リードが心臓突然死で急逝。わずか30歳という若さだった。

 クリス・リードは姉のキャシーと一緒に、今年1月にオープンしたばかりの「木下グループ・関空アイスアリーナ」で、木下アカデミーアイスダンススクールを開設したところだった。

 これから本格的に日本で後輩の育成に力を注ぐため、トレーニング拠点だったデトロイトのアパートの荷物を整理して日本に送った直後だったという。

日本アイスダンスの要だった。

 長い間、細身の体で日本のアイスダンスをパートナーと共に牽引してきた。

 2006年に姉のキャシー・リードと組んで全米ノービスで優勝した後、日本スケート連盟に所属を変更。そしてキャシーと7度、2015年からは村元哉中と組んで3度、合計10回の全日本選手権タイトルを手にした。

 国別対抗戦やソチオリンピックから始まった団体戦では、競技人口が少ないカップル競技は日本のネックであった。その中でクリスとそのパートナーは、日本のアイスダンスの要となってきた。

 3度オリンピックに出場し、村元哉中と出場した2018年四大陸選手権ではアジアのアイスダンサーとして史上初の銅メダルを手に。また同年世界選手権11位も、日本のアイスダンサーとして歴代最高の成績だった。同年夏に村元とのコンビを解消し、昨年末に現役引退を発表していた。

 筆者が記憶しているクリス・リードは、いつも演技の直後で顔を汗で光らせていた。そしていつもパートナーと視線を交わしながら、きらきらと目を輝かせて笑顔を絶やさなかった。

【次ページ】 アイスダンサーには不可欠な華やかさがあった。

1 2 3 NEXT
クリス・リード
村元哉中
キャシー・リード

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ