ゴルフPRESSBACK NUMBER

渋野日向子は海外でどんな評価?
「プレーもマナーもお手本です」

posted2019/08/21 08:00

 
渋野日向子は海外でどんな評価?「プレーもマナーもお手本です」<Number Web> photograph by Matthew Harris/AFLO SPORT

日本で大きな話題となっている渋野日向子。全英女子オープン優勝によって海外での注目も集まっているようだ。

text by

南しずか

南しずかShizuka Minami

PROFILE

photograph by

Matthew Harris/AFLO SPORT

 日本勢として42年ぶりに渋野日向子が海外メジャーを制した。

 渋野の故郷である岡山県では号外が配られたり、AIG全英女子オープン後の国内女子ツアーの観客が急増するなど、渋野フィーバーが巻き起こっている。

 そんな中で、海外で無名だった日本人の優勝を欧米のゴルフメディアは、彼女のことをどのように受け止めたのだろうか。

「あんな選手は初めてですよ」

 ゴルフ取材歴17年以上、米ゴルフ雑誌「ゴルフウィーク」のシニアライターのベス・アン・ニコルスはこう切り出し、渋野を絶賛する。

「最終日最終組の優勝争いという極度にプレッシャーがかかる中で、いかんなく実力を発揮しました。しかもプレーの合間に笑顔を絶やさずにね。ホール間を移動する時は大勢の観客とタッチも交わしていました。プレースタイルだけではなく、あの明るい人柄に、みんなが渋野の虜になりました」

「大舞台のために生まれた選手では」

 全英女子の最終日は、ゴルフチャンネルとNBCという2局で放映され、ここ13年間の同大会で最高の視聴者数であったという。試合のハイライトは渋野が18番でウイニングパットを決めた瞬間だろう。

「今年の米女子ツアーの優勝で、一番歓声が挙がっていました。渋野は大舞台のために生まれてきた選手ではないでしょうか」

 元プロゴルファーで現ゴルフチャンネル解説者のカレン・スタップルズは、渋野の勝因の1つに“コースコンディション”を挙げた。

「母国のイギリスの選手ですら、アドバンテージがありませんでした」

 イギリスといえば海岸沿いのリンクスコースが象徴的である。

 吹き荒れる風、深いラフ、ポットバンカー……リンクスで戦うには、風に負けない低い弾道のショット、グリーン手前から転がしていくアプローチなど、特有のスキルが要求される。

 ところが、今年の舞台のウォバーンGCはロンドン近郊の木々に囲まれたコースだった。

【次ページ】 “イギリスらしくない”全英だった。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

渋野日向子

女子ゴルフの前後のコラム

ページトップ