ゴルフPRESSBACK NUMBER

全英制覇・渋野日向子、笑顔の力。
「見たことがない」米TVアナも驚愕。

posted2019/08/05 17:00

 
全英制覇・渋野日向子、笑顔の力。「見たことがない」米TVアナも驚愕。<Number Web> photograph by KYODO NEWS

最終ラウンドでも観客に笑顔でハイタッチをしていた渋野。

text by

舩越園子

舩越園子Sonoko Funakoshi

PROFILE

photograph by

KYODO NEWS

 全英女子オープン最終日。2位に2打差の単独首位で1番ティに立った渋野日向子は、それまでの3日間と同じように屈託のない笑顔でスタンドやロープ際のギャラリーに挨拶をした。そして、日本人らしく一礼。それからセットアップに入っていった。

 ティショットを打ち、フェアウエイ方向へ歩き出した渋野は、ロープ際から声援を送ってくれていたギャラリーの方へ視線を左右に動かしながら、小さく手を振り、にっこり微笑み、そうやって前方へと進んでいった。

 そんな渋野の様子を見て、米TV中継局のアナウンサーは驚きの声を上げていた。

「最終日最終組でティオフする選手が1番ティであんなふうにスマイルを見せ、あんなふうに観衆に手を振って歩いていくなんて、これまで見たことがありません」

 そして、その現象は18番まで続いていった。あるホールのグリーンを終えて次のホールのティグラウンドへ向かう途上では、ロープ際から差し出された「すべての手」に応えるようにハイタッチやロータッチを繰り返し、声援に笑顔で応え、会釈もした。

「心臓が止まりそう」な状況で……。

 極めつけは、首位タイで迎えた72ホール目の18番。バーディーを奪えば優勝、パーならプレーオフという状況は、強靭な肉体を誇る米ツアーの男子選手たちでさえ、「心臓が止まりそうだった」などと表現するであろう緊張のシチュエーションだった。

 しかし、フェアウエイからセカンドショットを打とうとしていた渋野は、そのときでさえ満面の笑みを見せながらキャディと会話していた。

「ここでシャンクしたらカッコ悪いな」という話をしていたそうだが、メジャーの優勝争いの大詰めで、勝利を左右する一打を打つ際に、そんな気楽な会話を交わし、笑顔を見せるという姿も、前述のアナウンサーの言葉を借りれば、「これまで見たことがありません」。

 日本人によるメジャー制覇は1977年の樋口久子以来、42年ぶりの快挙だが、笑顔で勝利を手に入れたという意味では、渋野は「日本」という枠を超え、世界の誰もやらなかったこと、誰もやれなかったことをやってのけたと言っていい。

 そう、笑顔で勝利したことが、彼女の勝利の意味を一層深く大きくしてくれたのだと私は思う。

【次ページ】 タイガー・ウッズが復活優勝したときも。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

渋野日向子

ゴルフの前後のコラム

ページトップ