ゴルフPRESSBACK NUMBER

渋野日向子の笑顔は何でできている?
「別にシンデレラでもないしなと」

posted2019/08/22 11:50

 
渋野日向子の笑顔は何でできている?「別にシンデレラでもないしなと」<Number Web> photograph by Getty Images

NEC軽井沢72ゴルフトーナメント最終日18番のバーディーパットを外して苦笑いする渋野。この後パーパットも外して優勝争いから脱落した。

text by

雨宮圭吾

雨宮圭吾Keigo Amemiya

PROFILE

photograph by

Getty Images

 桜の木の下には屍体が埋まっている!

 見事に咲く満開の桜にそんな秘密があるのだとしたら、真っ盛りにある向日葵の笑顔の下には何があるのだろうか。

 全英オープンで日本人42年ぶりのメジャー優勝を果たしてからの2週間、渋野日向子の笑顔を見ない日はなかった。人の心を打たずにおかない、生き生きとした笑顔を見ると、しかし不安を覚えずにはいられなかった。

 全英から3週連続出場となった「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」。ギャラリーは前年比150%に膨れ上がり、コース周辺の道路では“渋野渋滞”が発生してスタート時刻に遅れそうになるプロも出た。テレビの視聴率も今季最高を記録するなど、フィーバーはいまだやむ気配を見せない。

駄菓子をほおばり、会見も笑いが絶えない。

 過熱する状況の中で、彼女はどんな心境でいるのか。最終日に会場を訪れた母・伸子さんが言っていた。

「普通の娘なので、もちろんいろいろと葛藤はあると思います」

 周りの女子プロ仲間やスタッフに聞いても誰もが同じように言う。それはそうだろう。ところが、いざ目の前にいる渋野を見ていると、その確信が揺らいでくるのだ。

 みんながその場面を欲していることを知りながら衆人環視のラウンド中に駄菓子をほおばり、会見でも別荘を買いたいと言い出し、甲子園出場校とのエピソードを明かしたりとメディア受けする話をぽんぽん繰り出す。

 ンフフフ! ンウワハハハ! エッヒャッヒャ! 

 文字に起こすとサザエさんみたいな笑い声も会見の場を和ませていた。

【次ページ】 カメラを受け取ろうとする渋野。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

渋野日向子

女子ゴルフの前後のコラム

ページトップ