Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<NBA2018-2019>
アデトクンボ「天国の父に捧ぐMVP」

posted2019/07/23 15:00

 
<NBA2018-2019>アデトクンボ「天国の父に捧ぐMVP」<Number Web> photograph by Getty Images

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph by

Getty Images

'18-'19シーズンMVPを受賞したバックスのエースは、キャリア6年目にして、頂点へと上り詰めた。驚くべきスピードでNBAの顔に成長した怪童。しかし、この活躍は新時代の序章に過ぎない。(Number982号掲載)

「2019年、NBAモスト・バリュアブル・プレイヤーは、ヤニス・アデトクンボ!」

 6月24日、カリフォルニア州サンタモニカで行われたNBAアウォーズショーで、'18-'19シーズンのNBA各賞が発表された。その大トリで、コミッショナーのアダム・シルバーから、MVPが発表になった。

 名前を呼ばれたアデトクンボ(ミルウォーキー・バックス)は、ステージに向かう途中で、あふれ出る感情を抑えるかのように、一瞬、口をきっと横に結んだ。

 しかし、その我慢は長くは続かなかった。スピーチを始め、家族やチームメイト、コーチ陣、フロントやオーナーなどに感謝し始めると、すぐに涙がこぼれ落ちた。

「父にも感謝したいと思います。父は今、ここにいっしょにいませんが……」

 そう言う声は涙で震えていた。

 アデトクンボが、本気でMVPを意識するようになったのは2年前のことだった。まだ22歳、NBAに入って4シーズン目を終えた頃だ。

 この年、'17年はアデトクンボにとって大きな出来事がいくつかあった。2月にNBAオールスターに初出場。4月には2度目のプレイオフに出たが、前回と同じく1回戦で敗退。もっと自分が成長しなくてはいけないと痛感した。そんな矢先に、「MVP」という目標が示された。

 彼にそれを示した一人が、子供の頃からの憧れの選手、コービー・ブライアントだった。ある時、引退後のブライアントがツイッター上で何人かの選手に、次のレベルに行くためのチャレンジを与えていたことがあった。それを見たアデトクンボは、「僕にもチャレンジを与えてほしい」とリクエストした。すると、ブライアントからはずばりひと言、「MVP」と返信が返ってきた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

ヤニス・アデトクンボ
ミルウォーキー・バックス

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ