サムライブルーの原材料BACK NUMBER

小林祐希はいつも「人ファースト」。
欧州でも代表でも起業でも同じ哲学。

posted2019/07/02 11:30

 
小林祐希はいつも「人ファースト」。欧州でも代表でも起業でも同じ哲学。<Number Web> photograph by Yuki Suenaga

潰して、繋いで、飛び出す。小林祐希はクラブでも代表でも評価を受ける世界水準のマルチロールだ。

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph by

Yuki Suenaga

 その生き方は、プレーに反映される。

 人ファースト。

 小林祐希は「一期一会」を地で行く人だ。出会いを大切に“利に成るか”より“理に合うか”を頭に走らせる。2年近く前、彼は東京ヴェルディのジュニアユース、ユースと一緒だった高野光司が23歳で現役を引退したタイミングで会社を立ち上げた。信頼を置く友人のセカンドキャリアを心配して「一緒に何かやろう」と自ら誘って。

 日本文化により目を向けていく機会になった。岐阜で日本酒をプロデュースしたり、山形で有機米をつくったり、宮城で湯治とサッカーのイベントを行なったり……。その担い手たちとの交流や触れ合いによって、視野が広がっていく感覚を持つことができた。

 人とのつながりから、己を高める。

「自分がやりたいことがあるとしますよね。じゃあそのために人を集めるのかと言ったら、そうじゃない。この人がいるからこういうことができるんじゃないか、っていう考え方なんです。この人とだからやりたい、というのがないと俺はやれない」

ボランチが小林にピタリと合致した。

 一例を出したい。

 小林の専属シェフは野菜の葉、皮など食材を廃棄しないこだわりを持つ人だという。そういったスタンスに共鳴し、今オフには国分寺の野菜のPRを兼ねて食育のイベントに2人で参加している。人とつながって、「ためになる」面白いことを一緒にやる。理があってこそ動く。

 なるほど、彼のプレーを見ていればよく分かる。周りを見て、活かして、納得して、そのうえで己を出そうとする。エール・ディヴィジ、ヘーレンフェーンでの3年間は、そんな小林のスタイルを揺るぎないものにさせた。

 ボランチのポジションがしっくりはまったのは運命かもしれない。攻守にチームをつなげていく役目は、むしろ彼の生き様とピタリと合致する。

「自分のプレースタイルは、ドリブルで何人も抜くタイプじゃない。周りを使いながらゲームを組み立てていくタイプなんで、周りがあっての自分。ただ試合中、(周りを)活かそうとか別に考えていないし、サッカーに身を委ねてプレーしている感じです。練習中はどう活かそうか自分がどう活きようかとは考えるけど、試合になったら全然考えていない(笑)」

 むしろ“考えなくていい”とも聞こえてくる。

【次ページ】 3シーズンで100試合に出た信頼感。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

小林祐希
カタールW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ