Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<名伯楽が振り返る>
キングカメハメハ「異端から飛び乗った王道」

posted2019/05/23 15:00

 
<名伯楽が振り返る>キングカメハメハ「異端から飛び乗った王道」<Number Web> photograph by Photostud

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph by

Photostud

1600mのNHKマイルカップから、中2週で2400mのダービーへ――。両レースをレコード勝ちし、「変則2冠」を達成した名馬の凄みを、松田国英師が回想する。

 異端。この言葉がこれほど似合うダービー馬もいないだろう。

 ダービーに挑むまでのローテーションからして、この言葉をそのまま形容詞に使いたくなるものだった。1600mのNHKマイルCを激走したあと、中2週の短い間隔で2400mのダービーに出走するという特異なステップ――。

 キングカメハメハが授かった稀有な才能を見抜いた松田国英調教師は、2004年、それなりの勝算を持ったうえで「変則2冠」に挑み、格別に鮮やかな彩りの大きな花を咲かせてみせた。

「この馬の父キングマンボは、マイルで絶対の強さを誇った馬。その長所を見事に受け継いで生まれてきたのがキングカメハメハですから、NHKマイルCには絶対の自信を持って臨みました」

 松田は当時の気持ちの高ぶりを懐かしむように、穏やかな笑顔を浮かべながら慎重に言葉を選んだ。事実、NHKマイルCは、中団追走から直線でズドンと抜け出しての独走劇。2着コスモサンビーム以下に5馬身もの水をあけ、1分32秒5という当時のレースレコードを塗り替える圧勝を演じたのだ。発表は良馬場でも、当日の午後から雨が降り出し、上滑りのするコンディションだっただけに、このレコードには数字以上の価値があった。

 鞍上を任された安藤勝己は、地方競馬・笠松から'03年にJRAのジョッキーになっての2年目。NHKマイルCについてこう語っていた。

「2月のすみれS(阪神芝2200m)で乗ったときの手綱の感触から、この馬は2000m以上の距離が向いていると思っていました。だからNHKマイルCについては距離適性という意味で勝てるかどうか不安もあったんです。僕が本当に自信を持って乗ったのはダービーの方でした」

 だが松田の見立ては逆で、ダービーに距離の不安を抱いていたという。それは'01年に同じく変則2冠に挑んだクロフネが、NHKマイルCを目論見通りに快勝したあと、ダービーで5着に崩れてしまった苦い経験も影響していたのかもしれない。'01年のセレクトセール当歳セッションに「マンファス01」として上場された子馬が、のちにキングカメハメハと命名され、競馬史に名を残す名馬となる。顔はもちろん、脚元のどこにも白斑が存在しない、文字通り無垢の鹿毛。ノーザンファームがアメリカから持ち込んだ馬だ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

松田国英
キングカメハメハ
安藤勝己

競馬の前後のコラム

ページトップ