Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<名伯楽が振り返る>
キングカメハメハ「異端から飛び乗った王道」

posted2019/05/23 15:00

 
<名伯楽が振り返る>キングカメハメハ「異端から飛び乗った王道」<Number Web> photograph by Photostud

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph by

Photostud

1600mのNHKマイルカップから、中2週で2400mのダービーへ――。両レースをレコード勝ちし、「変則2冠」を達成した名馬の凄みを、松田国英師が回想する。

 異端。この言葉がこれほど似合うダービー馬もいないだろう。

 ダービーに挑むまでのローテーションからして、この言葉をそのまま形容詞に使いたくなるものだった。1600mのNHKマイルCを激走したあと、中2週の短い間隔で2400mのダービーに出走するという特異なステップ――。

 キングカメハメハが授かった稀有な才能を見抜いた松田国英調教師は、2004年、それなりの勝算を持ったうえで「変則2冠」に挑み、格別に鮮やかな彩りの大きな花を咲かせてみせた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

松田国英
キングカメハメハ
安藤勝己

競馬の前後のコラム

ページトップ