Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<私はそこにいた!>
アイネスフウジン「ナカノコールの残響」

posted2019/05/21 15:00

 
<私はそこにいた!>アイネスフウジン「ナカノコールの残響」<Number Web> photograph by AFLO

text by

江面弘也

江面弘也Koya Ezura

PROFILE

photograph by

AFLO

日本競馬史上初めて、勝利騎手を称える大合唱が沸き起こった1990年の府中のスタンド。当時のブームを象徴するかのような伝説のコールは、どのようにして起こり、どう時代を変えていったのか。

 アイネスフウジンの中野栄治を称えるコールは突然はじまった。スタンド1階のゴール付近でおきたコールは波紋のように広がり、スタンドを覆っていった。ダービーに乗っていた騎手たちに聞くと、その声は地下の検量室まできこえてきたという。

 前代未聞の、何十年も競馬を見てきた人たちもはじめて目にする光景だった。

 1990年5月27日、第57回日本ダービー。この日、東京競馬場の入場者は19万6517人を数えた。現在も残る、史上最多入場者記録である。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

アイネスフウジン
中野栄治

競馬の前後のコラム

ページトップ