Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

川田将雅ができるまで「“18号厩舎”からはじまった」~孤高の男の原点を訪ねて~

posted2021/05/27 07:00

 
川田将雅ができるまで「“18号厩舎”からはじまった」~孤高の男の原点を訪ねて~<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

text by

江面弘也

江面弘也Koya Ezura

PROFILE

photograph by

Kiichi Matsumoto

2019年からルメールと熾烈なリーディング争いを繰り広げてきたポーカーフェースの硬骨漢は、これまでどんな道のりをたどってきたのか。故郷の佐賀を訪ね、見えてきたのは頂点への渇望に結びつく壮絶な原体験だった。

 佐賀競馬場は佐賀県鳥栖市にある。JR鳥栖駅から車でおよそ10分で競馬場に着く。旧競馬場は佐賀市内にあったが、'72年に現在の地に新設された。

 競馬場に隣接して厩舎団地がある。馬と人々が生活する区域で、18号厩舎が川田孝好厩舎である。現在、家族は近くの自宅に住んでいるが、川田孝好はいまもひとりでここで生活している。馬の側にいないと落ち着かない、生粋の競馬人である。

 '85年うまれの川田将雅は、父が調教師になった'93年から厩舎で過ごしている。毎日馬を間近に見て、厩舎や競馬場で働く人たちに接してきた。ジョッキー川田将雅の原型がここで培われた。

 川田家は競馬一家である。将雅の曾祖父になる川田若彌は戦前の帝国競馬協会時代に小倉競馬倶楽部の騎手兼調教師で、戦後は佐賀競馬の調教師となった。祖父の川田利美は鳥栖に競馬場が移ってから調教師となった。父の孝好は公営南関東の大井競馬場で騎手デビューし、利美が厩舎を開いてほどなくして佐賀に戻った。

 川田将雅はふたり兄弟で、5歳上の兄はサラリーマンとなったが、川田はものごころついたときには「ぼくが四代目になる」と口にしていたと言う。

「でも、ジョッキーになりたいという憧れはないんです。代々この仕事をし、父が三代目で、ぼくが四代目になるのが当然と思っていたので、そこにとくべつな感情はなく、ジョッキーになるのが当たり前のことでした」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 6262文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ウマい騎手ってなんだ?~日本ダービー直前競馬総力特集~
川田将雅
川田孝好
宮浦正行
藤岡佑介
中内田充正

競馬の前後の記事

ページトップ