Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<進化を続けたイチロー>
ラストプレー「3.78」。
走力は最後まで伸びていた。

posted2019/04/15 15:00

 
<進化を続けたイチロー>ラストプレー「3.78」。走力は最後まで伸びていた。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

現役最後の打席、遊ゴロで一塁へ全力疾走。到達タイムは3.78秒だった。

text by

笹田幸嗣

笹田幸嗣Koji Sasada

PROFILE

photograph by

Naoya Sanuki

走攻守、すべてにおいてハイレベルな技術を備えたイチローが、 40歳を超えても進化し、可能性を示したのが「走塁」だった。 驚異の一塁到達タイムと盗塁に込められた超一流の哲学――。

 2019年3月21日、午後9時27分、東京ドーム。4対4で迎えた8回2死二塁の勝ち越し機。

 イチローはメジャー通算10734回目の打席に向かった。

 満員の46451人のファンは「イチロー」コールを送り、メジャー通算3090安打となる勝ち越し適時打を望んだ。

 ベンチではマリナーズナインが総立ちで固唾を呑み、歴史的打席に食い入った。その中、菊池雄星はひとり目を赤く染め、涙していた。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

イチロー
シアトル・マリナーズ

MLBの前後のコラム

ページトップ