Number ExBACK NUMBER

昭和の王貞治、平成のイチロー。
記録に挑み続けた2人の野球愛。

posted2019/04/16 17:30

 
昭和の王貞治、平成のイチロー。記録に挑み続けた2人の野球愛。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

ダイエーホークスの監督時代は敵チームで苦しめられ、WBCでは監督と選手として一緒に優勝の歓喜を味わった。

text by

雨宮圭吾(Number編集部)

雨宮圭吾(Number編集部)Keigo Amemiya

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama

 28年間の現役生活で貫き通せたものは何か。

 3月22日の引退会見で、イチローはじっくりと考えてから納得したようにうなずいて答えた。

「野球のことを愛したことだと思います。これは変わることはなかったですね」

 イチローが野球への愛情を口にしたのはこれが初めてではない。2006年のWBCでともに戦った王貞治との交歓をテーマにした過去のNumberの記事にこんな発言が出てくる。

「刺激なんて、自分の中から出てくるんですよ。だって、野球が大好きなんですから。ここは間違いなく、王監督と僕の相通じるところだと思います。大好きってみんな簡単に言うけど、そう見えない。楽しそうに見えないんです。」(Number751号『超えた者だけ見える道』)

「僕はもっと下世話な言い方でね、飽きない」

 イチロー引退の10日後、ヤフオクドームにその王貞治を訪ねた。イチローの多大な功績について聞きながら、彼が口にした野球への「愛」についても尋ねてみた。すると王にもそのあたり思い当たる節はあるようだった。

「愛情という言い方はあれだけどね、僕は飽きないんだよ。とにかく野球が飽きない。またやりたい、もっとやりたいと思う」

 自分が打席に立つ。それだけでなく、野球というゲームの魅力は何年経っても、どんな立場になっても尽きることがないのだという。だからおざなりにできずに打ち込んでしまう。

「ほかのことはいい加減なんだけど、やっぱり野球だけはもう。イチローは愛という言葉を使ったけど、僕はもっと下世話な言い方でね、飽きない。逆に言えば自分には野球しかないということも言えるけどね。またやりたいっていう思いが常にあるから、こんな歳までずっと野球に関わってきてしまったんだ」

 昭和の時代にホームランによって記録を超えるカタルシスを知らしめ、世界記録を打ち立てて日本中を沸き立たせたのが王だった。平成の時代にヒットによって再びそのカタルシスを呼び覚まし、メジャーの分厚い壁をも突き破ったのがイチローだった。

 似たような、かつ極めて特殊な状況に身を置いたスーパースター同士だからこそ、2人だけに響きあうものがあるのだろう。33も歳が離れていながら、プライベートでも食事をともにするなど親交を深めてきた。

【次ページ】 敵として、味方として感じたイチロー。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

イチロー
王貞治

MLBの前後のコラム

ページトップ