Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<越境クロニクル 1998-2008>
中田vs.名波が魅せた雨中の「日本ダービー」。 

text by

北條聡

北條聡Satoshi Hojo

PROFILE

photograph byAFLO

posted2018/09/26 15:00

<越境クロニクル 1998-2008>中田vs.名波が魅せた雨中の「日本ダービー」。<Number Web> photograph by AFLO

2得点に絡んだ中田に負けず劣らず、名波も左足からの正確なパスで何度もチャンスを演出した。

「デルビー・デル・ジャポネ」

 ピンク色の紙面で知られるイタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』に、印象深い見出しが躍った。直訳すれば「日本ダービー」だ。

 あれは1999年10月23日だから、19年前のことになる。イタリア・セリエA第7節のペルージャ対ベネツィアで初の日本人対決が実現した。

 中田英寿と名波浩だ。

 当時のセリエAと言えば、世界最高峰のリーグ。そこで日本屈指のタレントが相まみえることになったわけだ。当然と言うべきか、大変な数の日本メディアがスタジアムに押し寄せている。

 ペルージャに加入して2年目の中田はすでにチームの中心だった。一方の名波は、同年夏にジュビロ磐田からベネツィアへ加入したばかり。各々のチーム内における立場は、大きく違っていた。

 試合当日はあいにくの大雨。それも、バケツをひっくり返したような勢いだった。スタジアムの外では多くの車が水没したほど。肝心のピッチ上も、まともにプレーできる状態にはなかった。

 それでも「2人の日本人」は高い技術で好パスを繰り出し、見せ場をつくっている。それが運よく得点につながったのは中田の方。巧みなループパスと、相手GKのファンブルを誘う力強いシュートでアモルーゾの2点を呼び込んだ。

 最終スコアは2-1。中田のペルージャが逆転勝ちを収めた。ちなみに、2人のユニフォーム交換を収めた写真は残っていない。事前にロッカールームで交換しよう――と、決めていたからだ。

 交換の「儀式」に臨めば、無数のカメラマンが一斉に群がる事態は容易に想像できた。混乱を避けたか、チームメイトへの配慮か。真相はともかく、2人への注目度の高さが「半端ない」ものだったことだけは確かである。

 その後、小野伸二、稲本潤一、中村俊輔ら黄金世代のタレント群がヨーロッパへ渡り、数々の日本人対決が実現していく。第一次海外組ブームだ。

 また、2010年を境に第二次海外組ブームが起こる。そして、2014年の秋にはセリエA屈指の名門ミランとインテルの「ミラノ・ダービー」にて、本田圭佑(ミラン)と長友佑都(インテル)の日本人対決が実現するに至った。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

中田英寿
名波浩
ペルージ
ベネツィア

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ