Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<助っ人エース8年物語>
ランディ・メッセンジャー「ウィニングボールの絆」 

photograph byHideki Sugiyama

posted2017/08/01 06:00

<助っ人エース8年物語>ランディ・メッセンジャー「ウィニングボールの絆」<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama
変革を掲げるチームにあって、指揮官のこの投手に対する信頼は揺るぎないものがある。その根底には、ひとつのボールを巡る物語があった。

 えっ??

 阪神タイガースの番記者は、みんなキョトンとした。互いに目を見合わせ「今、言ったよな……」と、自分たちの耳を疑いながら背番号6を見送った。

 あのとき、金本知憲は確かに言った。「開幕投手は、ほぼメッセでしょう」。昨年10月14日の「公式」コメントである。

 2016年シーズンの最終戦から2週間もたたない秋季練習でのことだ。監督2年目をスタートさせた金本は、甲子園球場の一塁側ベンチで囲み会見に応じていた。この年初めて10勝を挙げた岩貞祐太の話題になると、期待値が大きいゆえ、饒舌になった。取材の流れで、岩貞も'17年の開幕投手候補になるのか? と、少し気の早い質問も飛んだ。選手に発奮を促す意図でリップサービスを忘れない将だ。期待しているし、頑張って欲しい――そんな類の返答があるかと思いきや、金本は真顔で首を横に振った。「いや、それは行き過ぎじゃないかな」と。

 そして前述の発言につながるわけだが、報道陣は少し戸惑っていた。練習後の和やかな囲みとはいえ、球団広報が設定した定例会見である。そもそも、ランディ・メッセンジャーはまだ正式に阪神との契約を更新していなかった。翌春のシーズン開幕まで、5カ月以上。しかも、「開幕投手」といえば新聞社がスクープを競う“案件”でもある。それを、あっさりと「ほぼ決まり」と公言してしまったものだから、会見の輪がとけた後、その場は何とも言えない空気になった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3031文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

不屈の虎。

Sports Graphic Number 932

不屈の虎。

 

阪神タイガース
ランディ・メッセンジャー
金本知憲

プロ野球の前後の記事

ページトップ