Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<PL学園・後輩の思い>
立浪和義「清原さんのことが好きなんです」 

text by

鈴木忠平

鈴木忠平Tadahira Suzuki

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2017/07/07 16:30

<PL学園・後輩の思い>立浪和義「清原さんのことが好きなんです」<Number Web> photograph by Asami Enomoto
高校野球の名門で出会った2人は先輩、後輩であり、プロの世界では時としてその枠を越え、同志でもあった。尊敬する打者、愛すべき先輩への変わらぬ憧憬とは。

 昨年3月の保釈後、清原氏はほとんど人に会わない生活を送る中で、何度か名古屋を訪れ、立浪氏に会っていたという。高校時代、無名の1年生という立場から見ていた甲子園のスーパースターの背中はどんなもので、それがどう変わっていったか。立浪氏は後輩としてずっと見守ってきた。

「去年、清原さんが名古屋に何度か来られた時にお会いして食事しました。清原さんも人に会うのは嫌だろうなと思ったんで、よく知っているステーキハウスに行きました。そこでカウンセリング施設に行かれているということや、他にもいろいろな努力をされていると聞きました。

(保釈後は)しばらく外に堂々と出られなかったじゃないですか、そういうことがストレスになっていたと思いますし、そうかといって人に会う気持ちにもなれなかったでしょうし。でも、自分たちとはああやって会ってくれました。事件の後は今まで優しかった人が離れていくとか、そういったことはあったでしょうし、相当、孤独だと思うんです。だから僕は清原さんを応援しようと。こういう時だからこそ。逆に清原さんの方が『こういう状況で俺と会ったら……』って気をつかわれたりしていました。すごく気をつかわれる人なんで……。世間の皆さんは怖いというイメージが強いと思うんですけど、実際はすごく優しい人なんで。

 ああいう時に『清原と関わるな』と言う人は確かにいたかもしれないですけど、僕は全然気にしないです。例えば一緒に食事して、その一瞬でも清原さんが楽しかったと思ってもらえれば、一緒に食事している時だけでも気が晴れて、また頑張ろうかという気持ちになってもらえれば、それだけでいい。自分が清原さんに何かをできるわけでもないんで。本当に、僕が大それたことはできるわけもないし、清原さんの人生だから僕が変えることはできないんで。ただ、人間は誰しも、好きな人に会うという約束があれば、前の日から楽しみじゃないですか。そして実際に会って、食事して楽しい。それでまた一緒に食事したいなと思ってもらえれば、それだけで十分なんで。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

中日ドラゴンズ
立浪和義
清原和博
PL学園高校

高校野球の前後のコラム

ページトップ