Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<銅メダリストの矜持>
カヌー・羽根田卓也「鋼の意志を貫いて」 

text by

伊藤華英

伊藤華英Hanae Ito

PROFILE

photograph byAFLO

posted2016/09/19 17:00

<銅メダリストの矜持>カヌー・羽根田卓也「鋼の意志を貫いて」<Number Web> photograph by AFLO
日本人には不可能と言われたカヌー競技でのメダル獲得。歴史的快挙を成した青年は、粛々と次の進化を目指していた。大舞台での活躍を経てなお、その歩みを止めることはない。

 羽根田卓也、29歳。

 リオデジャネイロ五輪のカヌー・スラローム男子カナディアンシングルで、アジア人として初めて銅メダルを獲得した。

 スラロームは、激しい水の流れの中でスタートからゴールまで、水の強さと向き合いながら進む。カヌーを操る技術と速さ、ペナルティポイントをいかに少なくするかが得点に繋がる。昨秋のプレ五輪大会では、本番と同じコースで2位。五輪直前の6月に行われたW杯では、日本人初の3位に入り、自信を高めて臨んだ本番だった。

「この1年が一番強くなった実感がある」

 羽根田は少しずつ、しかし確実に成果を感じていた。


 準決勝を6番通過で迎えた決勝。

 上位の選手たちが、ミスを重ねる中で、羽根田は自分のレースだけに集中していた。スタートは「無心で迎えることが出来た」。レースを終えると、カヌーに乗ったまま、「今日だけは、3位以内で」と心の中で祈りながら、他の選手たちの結果を待った。

“羽根田卓也、銅メダル獲得”

 この瞬間をどれだけの日本人が見ていたのだろうか。日本はもちろん、アジアでも初めての快挙だった。

 結果が分かった瞬間、涙が溢れた。普段の羽根田は朗らかで穏やか、そしてクールなタイプだ。そんな彼が、身体を震わせ、泣いた。銀メダルを獲得したスロバキアのマティエ・ベニュシュ選手に肩を叩かれ祝福された姿は、日本中に感動を呼んだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2893文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

本田を超えろ。

Sports Graphic Number 2016/9/16臨時増刊

本田を超えろ。

 

羽根田卓也
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後の記事

ページトップ