Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<アトランタ五輪の指揮官とエースが語る>
低評価のチームはなぜ勝てたのか。 

text by

粕川哲男

粕川哲男Tetsuo Kasukawa

PROFILE

photograph byNaoyoshi Sueishi

posted2016/02/04 06:00

<アトランタ五輪の指揮官とエースが語る>低評価のチームはなぜ勝てたのか。<Number Web> photograph by Naoyoshi Sueishi

大人しいチームのなか、櫛引は的確なコーチングで仲間を鼓舞した。

20年前、28年ぶりに世界への扉を開いた2人(西野朗、城彰二)が、リオ行きを決めた後輩たちの戦いを分析する。
当時の指揮官・西野氏の分析を特別に掲載します。

西野朗「選手起用に驚いたが、監督のマネジメントが素晴らしかった」

 5大会前も、いろいろ準備してアジア最終予選に臨んだ。当時は28年間も五輪に出ていなかったのに、Jリーグが出来て期待が高まり、当然勝ち抜けるという空気があった。実際、プロでもまれるようになった選手たちは優秀で、大きな期待に応えてくれた。あれから20年、アジア予選は日本にとって勝って当たり前の大会になったと言える。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1360文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

西野朗
手倉森誠
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ