SCORE CARDBACK NUMBER

大胆すぎる“袖無し衣装”でルールの
限界に挑んだ男。~アダム・リッポンが
選ぶ「表現の道」の限界~ 

text by

野口美惠

野口美惠Yoshie Noguchi

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2016/11/04 08:00

大胆すぎる“袖無し衣装”でルールの限界に挑んだ男。~アダム・リッポンが選ぶ「表現の道」の限界~<Number Web> photograph by Asami Enomoto

米国の観客もクラブさながらに大盛り上がり。フリーでも好演技を見せ、総合3位に輝いた。

 羽生結弦の4回転ループ、宇野昌磨の4回転フリップと、人類の限界への挑戦が続く今シーズン。アダム・リッポン(米国)は別路線で“限界”に挑んだ。それは「衣装はどこまで露出しても許されるか」だ。しかし不真面目な訳ではない。これはスケートの歴史のなかで、まさに今起こるべき変化だった。国際スケート連盟の衣装規程にはこうある。

「過度に華美なもの、裸を連想させるものは不可。音楽の特徴を反映したものは許される」

 以前は更に「男子の袖無しは不可」「女子のパンツは不可」の規程もあった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

アダム・リッポン

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ