球道雑記BACK NUMBER

プロ野球ファンサービスの実態と、
ある選手がカープ少年だった頃。

posted2019/02/21 08:00

 
プロ野球ファンサービスの実態と、ある選手がカープ少年だった頃。<Number Web> photograph by Kyodo News

中日の松坂大輔がファンとの接触によって右肩を痛めたことから、ファンサービスの在り方で議論がまき起こった。

text by

永田遼太郎

永田遼太郎Ryotaro Nagata

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 1月下旬のある日、千葉ロッテ・藤岡裕大は昼過ぎで予定していた全ての練習を終えると、クラブハウスへ戻る途中、足を止め、熱心にファンサービスに努めていた。

 昨年はルーキーながらショートの定位置を1年間守り切り、143試合にフル出場。次代のスター候補生が、ロッテ浦和球場で練習しているとあって、彼が球場外に姿を見せるとファンが次々と群がっていった。

 ざっと見たところ50~60人はいただろうか?

 その日はとても肌寒く、インフルエンザの流行も世間で騒がれていた。キャンプイン前であることを考えたら、出来るだけ早くここを切り上げて、自宅に戻り、ゆっくり体を休ませたい、そんな考えもあったように思う。

 だが、藤岡は、ファンの誰ひとりとも飛ばすことなくサインに応じ、最後までファンの要望に応えてから、クラブハウスへと引き揚げた。

「ファンは大切にしなければいけないと思うので、書けるときはできる限りサインします。今日はこの後、もう何もしないのもありましたし(笑)。シーズンに入ってしまうと書ける機会も減ってしまいますし」

 一点の曇りもない表情でそう語る彼の姿に、彼がいかにファンを大切に捉え、日頃から感謝しているかを感じ取れた。

心ないファンの行動が騒動に。

 実はこの取材の数日前、心ない一部のファンがとった行動がSNSを中心に球界を騒がせていた。

 事の発端はオリックスの宮崎佑樹が自身のインスタグラムに記した一文である。現在は非公開となっているため全文掲載は控えるが、自主トレ中の選手にサインをもらえなかったからといって暴言を吐いたり選手カードを破り捨てたりしたファンに対して、もうこんなことはしないでほしいと訴える内容だった。

 まさに悲痛な叫びだった。

【次ページ】 現場に居合わせていた藤岡。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

松坂大輔
千葉ロッテマリーンズ
藤岡裕大
東出輝裕

プロ野球の前後のコラム

ページトップ