プロ野球PRESSBACK NUMBER

西武・増田達至を変えた配置転換。
「中継ぎで周りが見られるように」 

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/10/19 08:00

西武・増田達至を変えた配置転換。「中継ぎで周りが見られるように」<Number Web> photograph by Kyodo News

クローザーへの復帰も期待されるが、「それは首脳陣が決めること」と増田達至は語る。

伸びのある直球が戻ってきた。

 クローザーを務めていたときには、自分の最も自信のあるボールで初球から勝負をしてきた。しかし現在は相手の打者の反応を見て、投げるボールを選択する楽しみも増えた。

 約5週間の二軍生活を経て、ストレートのキレも増した。打者のバットがボールの軌道の下を通る、増田特有の、伸びのあるストレートで空振りをとれるようになった。

「自分が任された場所で結果を出すこと。とにかく結果を求めようと思ってマウンドに上がってきました。もし内容が悪かったら、また二軍行きだと自分でもわかっていましたから。そういう意味では二軍を経験したことで、今まで以上に、プロ入り1年目のように必死になれた。常に危機感を持てたこともよかったのかもしれません」

 結果、ライオンズにとっての正念場ともいえる9月、味方の反撃へとつながる好投を幾度となく見せ、10年ぶりとなるリーグ優勝に貢献した。

「優勝のための戦力になったと言ってもらえるなら光栄です。このあとも、そう評価される仕事をしっかり続けていくだけ。ポストシーズンは、『負けたらアカン』という思いだけ頭に入れて、あとは余計なことを考えず、頭を整理して試合に臨みます」

今は目の前の試合のことだけ。

 昨シーズンまでのポジションであるクローザーへの復帰も期待されるが「それは首脳陣が決めること」と、常に準備を整えて登板機会を待つつもりだ。

 2018年シーズン、開幕前に語っていた「選手会長としてビールかけの乾杯の音頭をとる」という目標も果たした。

「あれはあれで、もう切り替えました。今は目の前の試合のことしか考えていません」

 短期決戦であるポストシーズン、増田の力がさらにチームには必要となるはずだ。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3
埼玉西武ライオンズ
増田達至

プロ野球の前後のコラム

ページトップ