プロ野球亭日乗BACK NUMBER

巨人打線を「プラン通り」に抑えた。
エース大瀬良大地、勝利以上の仕事。

posted2018/10/18 12:15

 
巨人打線を「プラン通り」に抑えた。エース大瀬良大地、勝利以上の仕事。<Number Web> photograph by Kyodo News

大瀬良大地は今季15勝を挙げて、巨人の菅野智之と最多勝タイトルを分け合っている。

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 リーグ優勝を果たした1位チームがクライマックスシリーズ(CS)のファイナルステージを戦う難しさを、かつての巨人・原辰徳監督はこんな風に表現していた。

「相手はファーストステージで勢いがついてきている。こちらはシーズンからの空白期間があって実戦勘にブランクがあるので、どうしても最初に受け身になりがちになる。そこでどう早くがっぷり四つに組み合えるかなんです。

 相手の勢いを受け止めて、胸と胸を突き合わせて四つに組めれば、そうそう負けることはない」

 要はファーストステージで一気呵成になっている相手チームの勢いに、どう楔を打ち込めるか。それがファイナルステージ初戦の重要なポイントになるということだ。

 特に今年のセ・リーグは、待ち構える広島にとって、非常にやりにくい戦いになっているはずなのである。

 10月3日の高橋由伸監督の辞任発表から、巨人のチームのムードも監督自身の采配も、憑き物が落ちたように大きく変化している。

 実際にヤクルトとのファーストステージ初戦では、シーズン中にはみられなかった機動力を使った大胆采配が目立ち、それに選手も応えて通算8連敗中だった小川泰弘投手をKO。第2戦ではまさかまさかの菅野智之投手のノーヒットノーランでの勝ち上がりだ。

「高橋監督と1試合でも長く野球がしたい」

 そんな惜別の想いで加速した巨人の勢いを、だが、がっちりと受け止めたのが広島のエース・大瀬良大地投手のピッチングだった。

 すべては初回の攻防だった。

巨人の勢いを止めた「5球」。

 1回の巨人の攻撃。

 先頭の坂本勇人内野手が1ボール2ストライクから、大瀬良の152キロのストレートを中前にはじき返していきなりチャンスを作る。

 そこから2番・田中俊太内野手への5球をめぐる攻防が、巨人の勢いを止める大きな防波堤となるものだったのだ。

【次ページ】 9月30日の東京ドームでの記憶。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

大瀬良大地
緒方孝市
高橋由伸
田中俊太
広島東洋カープ
読売ジャイアンツ
菊池涼介
メルセデス
丸佳浩
鈴木誠也
岡本和真

プロ野球の前後のコラム

ページトップ