球道雑記BACK NUMBER

種市篤暉は清宮幸太郎に真っ向勝負!
ロッテの次世代エース候補は19歳。 

text by

永田遼太郎

永田遼太郎Ryotaro Nagata

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/08/25 11:00

種市篤暉は清宮幸太郎に真っ向勝負!ロッテの次世代エース候補は19歳。<Number Web> photograph by Kyodo News

1998年9月7日、青森県三沢市生まれ。八戸工大一では甲子園出場なし。ストレートやスライダーだけでなく、落差の大きいフォークも武器。

2人の“怪物”に挟まれた高校時代。

 内沢は190cmを超える長身ピッチャーで、種市が高校へ入学した頃には2年生ながらチームのエースとして君臨していた。球速も140kmを超え、試合で投げればプロのスカウトたちが大勢押しかけた。種市にとっては、さぞかし眩しい存在に映っただろう。

 一方、古屋敷は種市が2年に進級した年に高校に入学した。こちらもいきなり140km台のボールを連発し、高校を卒業するころには球速が150kmを超えていた。そんな“怪物”のような2人に挟まれて、種市は高校時代を過ごしている。

 球速の話を振ると、一瞬、照れてしまうのもそのせいだ。

「当時の自分はそこまで球も速くもなかったですし、いつかは速い球を投げたいとは思っていましたけど、常に近くに2人がいたので……。でも、そこから自分も色んなことを考えながらやってきました」

ウエイトで体も鍛えて大きくした。

 八戸工大一高時代は走り込みを中心にしたメニューで下半身を徹底的に鍛えたという。入学時は130km台だった球速も徐々に上がっていき、高2秋には140km台を超えると、高3春の東北大会では148kmを計測するまでに至った。

 しかし、プロの世界に進むとそれだけでは通用しないと、種市はすぐに感じとった。

 種市と同じようにドラフト6位で入団し、プロ3年目に一軍の先発ローテーションに加わった二木康太を生きた教科書にすると、プロ入り後は食生活を強く意識して、さらには週4回のウエイトトレーニングで体を鍛えた。

 入団時は83kgだった体重も現在は5kgほど増えた。種市は今の自分について、こう語る。

「ピッチングなら今日はここを意識してやってみようとか、練習メニューでも事前に決めていたことは必ずこなすとか、そうしたことを毎日、自分自身に言い聞かせながらやっています」

【次ページ】 一軍を経験することの意味とは?

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

種市篤暉
千葉ロッテマリーンズ
清宮幸太郎
内沢航大
古屋敷匠真
川越英隆

プロ野球の前後のコラム

ページトップ