球道雑記BACK NUMBER

種市篤暉は清宮幸太郎に真っ向勝負!
ロッテの次世代エース候補は19歳。

posted2018/08/25 11:00

 
種市篤暉は清宮幸太郎に真っ向勝負!ロッテの次世代エース候補は19歳。<Number Web> photograph by Kyodo News

1998年9月7日、青森県三沢市生まれ。八戸工大一では甲子園出場なし。ストレートやスライダーだけでなく、落差の大きいフォークも武器。

text by

永田遼太郎

永田遼太郎Ryotaro Nagata

PROFILE

photograph by

Kyodo News

「意志あるところに道はひらける」

 千葉ロッテ・種市篤暉(たねいち・あつき)は、この言葉を座右の銘に掲げている。青森県の八戸工大一高からドラフト6位入団、高卒2年目、19歳。8月12日の京セラドーム大阪(対オリックス)では先発で一軍デビューも果たした。

 しかし、彼が入団してからの1年半を思えば、けっして早過ぎるとは感じない。周囲の大人達を納得させるだけの強い意思と行動力、そして経験をこの期間、彼は積み重ねてきた。

 中でも、特に印象に残る試合がある。

 今年7月4日のロッテ浦和球場で行われたイースタンリーグ・対北海道日本ハム戦。この日、先発のマウンドに立った種市は、北海道日本ハムのルーキー清宮幸太郎と、アマチュア、プロを通じて初めて対戦することになった。

清宮に真っ向勝負で空振り三振!

「自分が1つ年上の先輩として、抑えたかったのはありましたし、意識はしていました」

 相手はこの試合までにファームで15本の本塁打を放ち、二軍では敵なしの勢いだった清宮だったが、種市はあえて彼に3打席とも力勝負を挑んだ。

 結果は2打数0安打1三振、1四球で、種市に軍配が上がる。

 圧巻だったのはこの日の第3打席。

 初球のみ変化球から入った種市は、その後ストレートを2球続けると、147kmの真ん中高めの直球を振らせて、空振り三振に仕留めたのだ。

【次ページ】 目先の勝利よりも先を考えた投球内容。

1 2 3 4 5 NEXT
種市篤暉
千葉ロッテマリーンズ
清宮幸太郎
内沢航大
古屋敷匠真
川越英隆

プロ野球の前後のコラム

ページトップ