球道雑記BACK NUMBER

種市篤暉は清宮幸太郎に真っ向勝負!
ロッテの次世代エース候補は19歳。 

text by

永田遼太郎

永田遼太郎Ryotaro Nagata

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/08/25 11:00

種市篤暉は清宮幸太郎に真っ向勝負!ロッテの次世代エース候補は19歳。<Number Web> photograph by Kyodo News

1998年9月7日、青森県三沢市生まれ。八戸工大一では甲子園出場なし。ストレートやスライダーだけでなく、落差の大きいフォークも武器。

一軍を経験することの意味とは?

 種市の高い意識は周囲の関係者でも評判だ。

 川越英隆二軍ピッチングコーチも次のように語る。

「種市は自分が将来、こうなりたいという将来像と高い目標を持ちながら、常に練習をしています。まだまだの選手ではありますけど、可能性はじゅうぶんあると思っていますね。

 ただ、一軍の舞台はそんな簡単なところじゃありませんから、僕の中では一度、一軍を経験して、また次に活かせる何かを持ち帰ってもらえたらと思っています。『一軍って凄く良い場所だ』『自分のモチベーションが上がる場所だ』と、彼自身が分かって来れば、もっと本気で練習に取り組めるでしょうし、もっと高い目標も立てられるだろうと思うのです。それだけ一軍を経験するのと、しないのとでは全然違いますから」

 当然、彼に求めるハードルも少しずつ上がっていく。

 前述したイースタンリーグの試合で、川越コーチはあえて種市にこんな試練を与えた。清宮との3打席目の対戦で、力を使い切ったかに見えた種市に、あえてもう1イニング行かせたのだ。

「失敗して、反省してを繰り返して……」

「前回が5回までだったので、今日は6回投げさせてみようと思って……。ただ、6回はボールの力もさすがに落ちていましたし、まだまだだなって感じでしたけどね」

 結果はその回に、種市は3失点を喫した。

 試合後、その話を種市に振ると、6回表に入る前に行なわれるグラウンド整備中に、ベンチに腰かけてゆっくりしてしまったことを反省材料として口にし、次回の登板に活かすことを誓っていた。

 その話を伝え聞いた川越コーチも、それでいいんだと頷く。

「そういうのも自分で経験して、失敗して、反省してを繰り返していかないと分からない部分だと思うんです。やっぱり、こちらの経験をいくら口で伝えたとしても分からない部分ってあるんですよ。一度、そうやって失敗して、経験を積み重ねることで、段々と選手として厚みを増していく」

【次ページ】 川越コーチ「今回の失敗もプラスに」

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

種市篤暉
千葉ロッテマリーンズ
清宮幸太郎
内沢航大
古屋敷匠真
川越英隆

プロ野球の前後のコラム

ページトップ