球道雑記BACK NUMBER

種市篤暉は清宮幸太郎に真っ向勝負!
ロッテの次世代エース候補は19歳。 

text by

永田遼太郎

永田遼太郎Ryotaro Nagata

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/08/25 11:00

種市篤暉は清宮幸太郎に真っ向勝負!ロッテの次世代エース候補は19歳。<Number Web> photograph by Kyodo News

1998年9月7日、青森県三沢市生まれ。八戸工大一では甲子園出場なし。ストレートやスライダーだけでなく、落差の大きいフォークも武器。

川越コーチ「今回の失敗もプラスに」

「若いピッチャーは特にそうなんですけど、失敗をたくさんして、次に失敗をしないような準備を自分で考えながら作り上げていく。それが大事なんです。そうしていく中で失敗が徐々になくなれば、自ずと自信にも繋がっていくでしょうし、そうしてみんな一人前のピッチャーになっていくわけですからね。同じことを繰り返したらもちろん困りますけど、僕は今回の失敗もプラスに考えていますよ」(川越コーチ)

 自分の意図がしっかり伝わっていて嬉しかったのか、そう話す川越コーチの表情が若干緩んでいるようにも感じた。

 一軍デビューを迎えた8月12日の試合では、さっそくその教訓が活きた。

井口監督も文句なしの一軍登録。

 この日種市は、6回78球を投げて5安打2失点という、プロ2年目19歳の初登板としては及第点以上の結果を残した。

 1カ月前の試合では課題となった6回のピッチングでも、先頭の若月健矢を外角へのストレートでショートゴロ。その後、2本のヒットを打たれたものの、最後は4番の吉田正尚に怯むことなくファーストゴロに仕留めて窮地を脱した。

 当然、この日の結果を受けて、井口監督もその後の一軍への帯同を認めた。こうした経験がまた彼の成長の糧になっていくに違いない。

 そういえば彼はプロ1年目の昨年、こんなことも話していた。

「目標は常に持ってやっています。たとえば1年の中で目標を立てて、半年後、1カ月という具合に長期、中期、短期と目標を立てて。自分は最終的にメジャーに行きたいと思っているので、そこを目指して今、頑張っています」

 そのとき、彼の座右の銘がふと頭に浮かんだ。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

種市篤暉
千葉ロッテマリーンズ
清宮幸太郎
内沢航大
古屋敷匠真
川越英隆

プロ野球の前後のコラム

ページトップ