球道雑記BACK NUMBER

種市篤暉は清宮幸太郎に真っ向勝負!
ロッテの次世代エース候補は19歳。 

text by

永田遼太郎

永田遼太郎Ryotaro Nagata

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/08/25 11:00

種市篤暉は清宮幸太郎に真っ向勝負!ロッテの次世代エース候補は19歳。<Number Web> photograph by Kyodo News

1998年9月7日、青森県三沢市生まれ。八戸工大一では甲子園出場なし。ストレートやスライダーだけでなく、落差の大きいフォークも武器。

目先の勝利よりも先を考えた投球内容。

 試合後、種市はこんな言葉を残した。

「(清宮は)今後も対戦していくバッターですし、とにかく第一印象が大事だと思ったので、最初から少し苦手だなって思ってもらえるような結果だったり、ボールだったりをしっかり投げたいと思っていました。結果として、それを今回出来たかなと思います」

 目先の結果にとらわれたのなら、もっと変化球を増やして勝負することも出来ただろう。しかし、彼とこの日バッテリーを組んだキャッチャーの柿沼友哉はそれを良しとしなかった。

 その先の未来も見据え、「打たれて上等だ」といわんばかりにこの日の勝負に挑んだ種市。

 そんな姿に、頼もしさを覚えると共に、今後、何度となく繰り返されていくであろう2人の対戦に、名勝負の始まりを予感した。

150kmを超えても慢心しない理由。

 直近の種市の記事を読むと、大半はプロ入り後150kmを超えるようになった球速の話が展開される。

 青森県弘前市で開催され、地元凱旋となった2018年のフレッシュオールスターゲームでも最速153kmを計測。筆者も当然、彼にそうした質問をするのだが、その話を振ると、彼は少し照れたような表情を浮かべ、こう答える。

「高校の監督さんからも『ピッチャーだったら速い球を』と、いつも言われていたのもあるんですけど、1つ上の先輩と1つ下の後輩に、自分よりもっと速い球を投げていた人がいたので……」

 種市が言う「もっと速い球を投げていた人」とは、種市の1学年上の先輩で現在は法政大学で汗を流す内沢航大と、1学年下の後輩で同じく法政大学に進学した古屋敷匠真の2人のことだった。

【次ページ】 2人の“怪物”に挟まれた高校時代。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

種市篤暉
千葉ロッテマリーンズ
清宮幸太郎
内沢航大
古屋敷匠真
川越英隆

プロ野球の前後のコラム

ページトップ