マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

「本気の夏」は何に対する本気か。
高校球児時代の自分と甲子園の距離。

posted2018/08/23 07:00

 
「本気の夏」は何に対する本気か。高校球児時代の自分と甲子園の距離。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

プロを目指す選手、甲子園を目指す選手、どちらも目指さない選手……。みんな含めて高校野球なのだ。

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

「本気の夏、100回目。」

 第100回全国高校野球選手権記念大会のキャッチフレーズである。

 コンクールとして募った多数の候補作品の中から、宮崎の高校2年生の女子生徒が応募したこの作品が選ばれた。

 期間中、甲子園球場の通路に置かれた出場校の「メンバー紹介」にも、タイトルとして大きな活字で掲げられ、スコアボードの大きなスクリーンにも、映像と共に繰り返し流される。

 何気なく眺めながら、フッと心の隅っこに引っかかった「本気の夏」。

 本気の夏ねぇ……とつぶやきながら、記憶が勝手にわが高校球児時代の「本気の夏」を探しにいく。記憶が勝手に振り返りを続けるままにまかせていたら、いつまで経っても、記憶がたどり着く場所がない。

 あれっ……と思って、“本気”であの頃の記憶をたどってみても、やっぱりどこにも当たりがない。

 本気の夏が見つからない……。

 ということは、早稲田大学高等学院硬式野球部・安倍昌彦という球児は、「甲子園」にも「高校野球」にも本気ではなかったのか?

 いくらか愕然としながら、確かに本気で「オレは絶対甲子園に行く!」みたいな熱いメッセージも口に出した覚えもないし、チームメイトたちと、「是が非でも!」と意気込んだ記憶もない。

8人の同期生にも確認してみた。

 試しに、8人の同期生に訊いてみた。

 曰く、甲子園なんて考えたこともない。曰く、戦力考えたって行けるわけないだろ。曰く、甲子園なんてそんなつもりで野球やってなかった……。

 わずかに、バッテリーを組んでいたアンダーハンドのエースピッチャーだけが「えー、みんな、そんな考えで野球やってたの? 冗談じゃないよ、ボクは最後の1球まで甲子園行くんだ! と思って投げてたよ」

 勉強熱心なヤツで、そう言うわりには、練習終わりは、いつも一目散に家に帰っていたはずだった。

【次ページ】 甲子園と引き換えに諦めるもの。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

高校野球の前後のコラム

ページトップ