甲子園の風BACK NUMBER

100回目の夏、56校すべてを観戦。
ブラバン応援ベスト10を発表!

posted2018/08/22 17:00

 
100回目の夏、56校すべてを観戦。ブラバン応援ベスト10を発表!<Number Web> photograph by Yukiko Umetsu

DA PUMPの『U.S.A.』を応援歌に取り入れた大阪桐蔭。野球だけでなく吹奏楽部も超一流の演奏を大会中ずっと披露し続けた。

text by

梅津有希子

梅津有希子Yukiko Umetsu

PROFILE

photograph by

Yukiko Umetsu

 大阪桐蔭が2度目の春夏連覇という偉業を成し遂げ、夏の終わりを告げた100回目の甲子園。今夏も全出場校56校をアルプススタンドで観戦し、多くの名勝負と名演奏を堪能してきました。

 コンクールとの両立で、苦労しながらスケジュールを調整して駆けつけた吹奏楽部の熱い応援に後押しされ、“音楽の力”で試合展開が変わる場面も目の当たりに。

 どの応援も素晴らしいものばかりでしたが、特に印象に残った応援を紹介したいと思います。

10位 報徳学園『アゲアゲホイホイ』(『サンバ・デ・ジャネイロ』)

『ハイヤハイヤハイ!』『アゲアゲホイホイ!』などとコールをする、『サンバ・デ・ジャネイロ』の『アゲアゲホイホイ』バージョンが、昨年に続き大流行中だが、この応援を考案した元祖が報徳だ。

 アルプススタンドで野球部の控え部員に「他の学校のアゲアゲホイホイを見てどう思うか」と聞いたところ、「やっぱり僕たちが一番! 元祖の誇りとプライドを持って応援します」と力強く話し、勢いのあるコールとキレのある踊りを披露した。

9位 藤蔭『年下の男の子』

 突然キャンディーズが流れてきて、「これはただ事ではない」と藤蔭アルプスに走った。

『サウスポー』や『狙いうち』などの定番応援曲以外で、昔の歌謡曲を伝統的に使い続ける学校は時々あるので、最初は「この曲も'70年代から使い続けているのだろうか」と思っていた。ところが、野球部の控え部員に話を聞いたところ、なんと「今年の新曲」だというではないか! 

 2年生の朝倉康平選手の応援曲で、「あいつは俺たちよりも年下なので」と3年生が選曲。なぜ自分たちが生まれる前の曲を知っているのか聞くと、高校生に人気の動画ソーシャルアプリの「TikTok」でみつけたという。

 今どきの応援曲は、YouTubeでみつけたりツイッター経由で拡散されることが多いが、新たな潮流が現れたと感じた。

【次ページ】 PLのあの曲が再び甲子園で聞ける!

1 2 3 4 NEXT
報徳学園高校
藤蔭高校
高岡商業高校
旭川大高校
佐久長聖高校
浦和学院高校
龍谷大平安高校
大阪桐蔭高校
金足農業高校
近江高校

高校野球の前後のコラム

ページトップ